ジャンキーズB 終盤の猛攻で逆転勝利

ジャンキーズB vs  SOUTH URUMERS (8-3)

2016年3月5日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当:鏡尚樹  撮影:近藤裕



ジャンキーズは初回2死3塁で4番柏崎選手と、いきなりチャンスを迎えるが三振で無得点に終わる。ピンチをしのいだウルマーズはその裏、敵失と四球で満塁とし紗々は6番四位選手。初球をたたいた打球はセンターを大きく超えた。タイムリー2塁打となり2者が生還。ウルマーズが2点先制する。ジャンキーズは3回、ダブルプレーで2死となったあと、1番の野田選手が俊足と生かし内野安打。けん制エラーもあり得点圏で2番の橋本選手がタイムリーを放ち1点を返した。直後の3回裏。1点差に迫られたウルマーズは、2死3塁で四位選手が本日2度目となるタイムリーで1点追加し再び2点差とした。ウルマーズ松田投手は、5回まで好投しわずか1失点。そろそろ攻略したいジャンキーズは6回表、満塁で荒木選手が2点タイムリーヒットを放ちまず同点。さらに押し出しで勝ち越す。なおも満塁で1番野田選手。2球目を強振し打球は右中間フェンスを越え満塁ホームラン。この回は打者10人7点の猛攻で、ジャンキーズはついに逆転に成功する。ジャンキーズ先発の坂井投手は序盤に3失点を喫したが、立ち直ってからはボールが走っており、緩急をつけたピッチングで相手を封じ込めた。結果、試合は8対3でジャンキーズBが勝利をおさめた。

■打撃面で大きく貢献したジャンキーズB野田選手

1番打者の野田選手は、俊足を生かした内野安打、そして試合を決める満塁ホームランなどパワーとスピードで大きくチームの勝利に貢献した。

■3安打3打点と気を吐いた SOUTH URUMERS 四位選手

この試合の全打点を挙げた四位選手。パンチ力もあり今後の活躍に期待大である。

■ SOUTH URUMERS 松田投手

先発した松田投手は、身長が推定180cmあり、角度のある直球と、キレのある変化球で相手打線を苦戦させた。後半制球を乱してしまったため、2番手投手の台頭が必要である。



試合後インタビュー

ジャンキーズB 野田尚平 選手 (鏡尚樹 より)

Q. 6回の満塁の場面、どのようなことを意識されましたか
A. 打席に入った時点でチームが逆転していて相手投手がガッカリしていると思ったので、直球1本を狙っていました。1球目変化球だったのですが、直球が来たので思いっきり振っていい結果がでました。

Q. 長打もありましたが、俊足を生かした内野安打もありました
A.足は自分の武器でもあるので、三遊間にゴロが転がったら全力で走ってどんどん出塁し、走っていきたいです。

Q. 相手投手は非常に背が高く、序盤はいい球が来ていました。攻略法は何ですか
A. まずは結果はどうであれ思いっきり振って、まず自分の体をほぐしていこうたいう気持ちでした。

Q. 今後の試合に向けて一言お願いします
A. 今年始まったばかりですが、集中して打っていきチームに貢献したいです。

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (鏡尚樹 より)

Q. 初回、エラーと四球があり失点してしまいました
A. エラーとヒットを打たれることはしょうがないですが、四球はいらなかったです。追い込んでいただけにもったいなかったです。

Q. 先発投手の酒井投手は立ち直った後、直球と変化球いい球が来てたのではないでしょうか
A. 今日は全体的に球の質は良かったです。相手打者のレベルが高く、厳しくいい球が来てても打ち返されるシーンが多かったので、いい勉強になりました。

Q. 耐えて耐えてついに6回逆転しました
A. あの回に逆転できたのは良かったが、1番苦しかったのが勝ち越すまでのシーンで、エラーでもなんでもいいので泥臭くというつもりでやりました。最後の満塁ホームランはおまけです。

Q. 相手投手は非常に背が高く、序盤はいい球が来ていました。どのような攻略法をされましたか
A. 直球と変化球に打たされていたので、狙い球を絞っていこうというだけでした。後は本人の技量に任せました。

Q. 今後の試合に向けて一言お願いします
A. ここ最近チャンピオンシップを逃しているのでとりたいです。

SOUTH URUMERS 竹本 将気 監督 (鏡尚樹 より)

Q. 序盤は主導権を握っていただけに、6回の失点は痛かったですね
A. はい。満塁ホームランでさらにリードを広げられてしまったのが痛かったです。

Q. 先発投手の松田投手は、身長はどれくらいですか
A. 180㎝オーバーだと思います。

Q. 本日は四位選手が3安打と活躍しました
A. 珍しく3安打打ちました。

Q. これからの試合に向けて一言お願いします
A. 今年はたくさん試合をこなしていきたいです

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る