ジェネシス初回から打者一巡の猛攻!

VADERS  vs  ジェネシス (4-8)

2015年9月5日 大宮けんぽグラウンド

担当:岡翔子  撮影:森崎明寿



盗塁や、相手のミスを突く走塁で作ったチャンスをものにした下山選手、酒井選手、有野選手のみごとな安打で、一回から5得点をあげたジェネシス。4番石井選手のホームラン等追い上げを見せるVADERSだったが及ばず!
両チーム共、投手が安定しており、守備、走塁の差が点数に表れた試合だったのではないか。

▪︎意地のピッチング

この試合ヒーローの、ジェネシス布施投手のピッチングで印象的だったのは三回表。2者連続三振をとり、迎えたバッターはVADERS 3番、打率4割越えの浦川選手。3ボール1ストライクから、4球連続のファールに、チームメイトから「おいピッチ!負けんなよ!」の声。「負けたくないっ!!」と気合を入れて投げた球にバッターは反応できず!審判の「ストライクアウト!」のコールで、この回を3者連続三振で終えた。

▪︎これが4番の仕事だ!

ジェネシスのピッチャー交代があった四回表。バッターはVADERS 4番石井選手。初球甘く入った球を捕らえると、ライト頭上をはるかに越え、整備された大宮けんぽグラウンドの木々の中に消える特大ホームランを放った。みごとなホームランにジェネシスからも拍手が挙がるほど。4番の一振りにベンチの雰囲気が変わると、五回表にも、黒川選手のレフト前ヒット等で2点を追加し、なおも2アウト二三塁のチャンス。代打野口選手の放った鋭い打球に、さらに追加点かと思われたその時、ジェネシス小川選手がファインプレーを見せレフトフライに抑えると、VADERSの勢いを止めた。

▪︎「俺の打席ちゃんと見ろよー!」

四回裏ジェネシスの攻撃。ノーアウト、ランナー一塁、2ボール1ストライクで、騒がしいベンチにバッターボックス布施選手が言った。と、次の瞬間、ピッチャーの投げたボールがバットの芯に当たり、まさかの!?ライトオーバーの2ランホームラン!!!布施選手が投打で活躍を見せ、試合を決定づけた。



試合後インタビュー

ジェネシス 布施大樹 さん(岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-本日の好投の要因は何ですか。
遅刻してあまり肩を作れなかったんですけど、キャッチャーの岡部が良いリードをしてくれたことだと思います。

-この試合ホームランも打っていましたが、打席に入った時の気持ちを教えてください。
セーフティをやるつもりだったんですけど、やろうとしたら(守備が)前に出てきたので、サードに思い切り打とうかなと思ってインコースが来たら思い切り振ろうと思っていたら、ホームランになりました。

-次戦へ向けて
絶対勝ちます!

ジェネシス 植松哲史 さん(岡翔子 より)

監督のインタビュー

-本日の勝因を教えてください。
打てたことです!

-では、本日MVPの布施選手へ一言お願いします。
良いプレーあったんですけど、ちょっとうるさいので、集中してもらわないと牽制アウトとかにもなるので(六回裏)そーゆうところ、しっかり最後までやってほしいです!

-次戦へ向けて
次もしっかり勝ちたいと思います。

VADERS 外川友樹 さん(岡翔子 より)

監督インタビュー

-本日の試合を振り返って良かった点を教えてください。
ホームラン1本だけです。

-悪かった点はありますか。
ホームラン以外全部です。エラーはするし打てないし、いつも通りの負け方なんですけど、、頑張ろうと思います。

-次戦へ向けて
エラーが多いので、そこをなくしていきたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る