一挙5点の猛攻でyawaraka逆転勝利!

20140720_Dickies vs yawaraka

Dickies  vs yawaraka  (4-6)

2014年7月20日 舎人公園野球場

担当:中前信  撮影:松川達也 

1 2 3 4 5 6 7
D 0 0 2 1 1 0 0 4
y 1 0 0 5 0 0 6

 

三連休の中日、前日からの雨予報にもかかわらず、日差しの強い夏らしい天気の中で試合は行われた。両チームとも高校野球経験者が主体ということで、レベルの高い見応えのある試合となった。

序盤はテンポの早い展開が続く。初回、Dickies先頭の柿木選手にライトへのツーベースが飛び出すも、ショート飯泉選手のファインプレーなどで後続をしっかり抑える。その裏にミスが絡んだランナーに先制ホームインを許すも、拮抗したムードは崩れない。
試合が動いたのは3回表。Dickies伊藤選手が一二塁間を抜ける鋭い当たりで出塁すると、フォアボールでランナーを貯め、2度の内野ゴロの間に1点、2点と得点を重ね勝ち越しに成功。しかし、危険なバックホームを我慢し、確実にファーストでアウトを取っていくyawaraka内野陣の堅実さが印象的だった。


それが功を奏したのか、4回裏yawarakaにチャンスが訪れる。先頭の歌津選手が足への死球で出塁すると、続く渡邉選手にチーム初ヒットが飛び出し、安藤選手のセンター前タイムリー、山口選手の走者一掃タイムリーツーベースで一挙5点を挙げ、逆転を果たす。
5回以降もDickiesは得点を重ね再逆転への望みをつなぐも大勢は変わらず、4-6でゲームセットとなった。

試合後インタビュー

yawaraka   山口航平 さん (中前信より)

一振りで逆転に成功

打った時の感想
「いいところに飛んでくれた。速い球が来ることは分かっていたのでなるべくボールを長く見られるようにして緩い球を見逃さなかった。」

普段からバッティングで心がけていることは
「中途半端なスイングをしないこと。速い球に差し込まれた時もなるべく振り切るように。」

yawaraka  松本修太郎 さん (中前信より)

試合を振り返って
「守備が締まっていたので最小失点で切り抜けることが出来たのが良かった。」

攻撃面では
「相手がいいピッチャーだったので、ボール球を振らないように気をつけて、集中打で逆転できた。」

Dickies 北村颯 さん (中前信より)

試合を振り返って
「大量失点が痛かった。ピッチャーが捕まってしまって連打を浴びてしまった。攻撃のリズムは悪くなかったが、やはりあと一本が出ずに負けてしまった。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る