NEW YOSSYS逆転で接戦に粘り勝ち!

20140713_Brothers vs NEW YOSSYS

Brothers  vs NEW YOSSYS  (3-4)

2014年7月13日 堤野球場

担当:川田麻美子  撮影:松川達也

1 2 3 4 5 6
B 0 0 0 0 3 0 3
N 0 0 1 1 2 4

 

雨がパラつきそうな梅雨らしいじとっとした曇り空の下、G-LEAGUEデビュー戦となるNEW YOSSYS vs Brothersの試合が行われた。試合は中盤から1点差のシーソーゲームとなり両者譲らない勢いだったが、2死から粘り強い攻撃を見せたNEW YOSSYSが見事逆転し、4-3で接戦を制した。

3回、1死満塁のピンチを切り抜けたNEW YOSSYSは、その裏、2死から2番・新堀選手が一二塁間を破り出塁すると、続く3番・久保田選手がセンターへ弾き返し先制。
4回には四球で出塁した先頭打者が盗塁、二ゴロで三塁まで進むと、7番・佐野選手が右中間へのタイムリースリーベースを放ち追加点。その後2死2・3塁と更なる追加点のチャンスで1番・岩楯選手の痛烈な当たりはショート正面へのライナーとなり3死となる。
ピンチをしのいだBrothersはその流れを持ったまま5回の攻撃へ。先頭の8番・阿部、9番・舟越、1番・小宮の三連打でたたみかけ、この回3点を奪い、逆転に成功する。
チームのムードもこの試合一番の盛り上がりを見せ、このままBrothersの流れで行くと思われた。
しかしその裏、リリーフのサイドスロー小暮投手から、4番・須賀選手が2死からレフト前に弾き返すと、続く2者が四死球となり満塁に。すると前の回三塁打の佐野選手が鮮やかにレフトオーバーを放ち2者生還。再び逆転に成功した。
最終回、1点差を返したいBrothersは7番・金杉選手がライトへツーベースを放ちチャンスを作るが、あと一歩及ばず、二塁残塁のまま試合終了となった。


NEW YOSSYS、先発の久保田投手は6回を完投し、6被安打4奪三振。ストレートとカーブをうまく使い分け好投した。
攻撃の面では、出塁したら果敢に盗塁し、2死からでも得点につなげた粘り強い攻撃は見事な勝利へとつながった。

一方Brothersの先発、田丸投手は4回6被安打3奪三振。スライダーでストライクを取り、見事なコントロールを見せた。
守備中も攻撃中も、ベンチからも外野からも大きな声を出し合い、とにかく元気なBrothersは、波に乗ったら勢いが止まらないイメージで、全力プレーが見てるほうも楽しかった。

両チームの皆様、お疲れ様でした。

試合後インタビュー

NEW YOSSYS   佐野将司  さん (川田麻美子より)

決勝打を含む2安打3打点の活躍

(5回裏2死からの逆転打について、打席に入った時の気持ちは?)
取りあえずボールをバットに当てることだけを考えていました。時間的にもギリギリだったので、何とか当てようと思ってましたが打ててよかったです。

(今後の抱負を聞かせてください)
最終回、守備で足がもつれてしまったので、もうちょっと体を絞って臨みたいと思います。この試合では打球が結構飛んできたので、足がフラフラでした(笑)

NEW YOSSYS  新好弘 さん (川田麻美子より)

(まず、G-LEAGUEの初戦でしたがどういう気持ちで臨まれましたか?)
江戸川区の連盟に加盟していて、今までその中でしかやったことがなく対外試合がほぼ始めてだったので、のびのびとやれればいいと思って臨みました。それで勝てたのでなおさらよかったです。

(3回の先制点は2死からの連打でしたが、作戦や指示はあったのでしょうか?)
うちのチームは細かいことができるチームじゃないので、とにかく打ってランナーを返すというオーソドックスな戦法でやってます。

(4回のスクイズについては?)
ピッチャーの調子もよかったので、とりあえず1点取れれば何とかなるかなと思ってやりました。普段はあまりしないのですが、結果的にバントヒットの形になってよかったです。

(5回に2死から満塁のチャンスを作り逆転したことについて)
今まではチャンスで点が取れないことが多かったんですが、久しぶりに粘れました。接戦では劣勢の試合になることが多かったので、今日は本当に良い試合ができました。ただ、守りの面で無駄な点を取られたので、そこは反省しなきゃいけないと思います。

(今後の抱負をお願いします)
これからもいい試合が出来るように頑張りたいと思います。

Brothers 船越 さん (川田麻美子より)

(今日の試合について)
良かった点は、自分たちが大事にしているチームの雰囲気が最後まで保てたこと。悪かった点は、逆転したのに最後まで勝ちきれずに集中力が切れて、あと一歩のところで逆転を許してしまった点。次はそこを反省して、どうすれば最後まで崩れずに勝ったまま終わることができるのかをもう一度考えてやりたいと思います。

(田丸投手とのバッテリーについて)
バッテリーを組んでまだ浅いので、もう少しミーティングで詰めたいと思います。決め球はまだ内緒にしときます(笑)

(次回に向けての抱負)
2戦2敗しているので、次こそは勝利をつかめるように頑張っていきたい。自分たちの持ち味の地元の絆を大事にしてやっていきます!

(打木選手からも一言)
チームのポジションはベンチウォーマーです。今日は3番でしたが、打順は調子の良し悪しで変わります。1回の打席が四球でチーム最初の出塁でしたが、今足をやっちゃってるんで盗塁は出来ませんでした。次は絶対勝ちます!!!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る