2度目の対戦も末廣ヌードルズの勝利!

20140706_Dickies vs 末廣ヌードルズ

Dickies vs 末廣ヌードルズ  (2-8)

2014年7月6日 保木間公園野球場

担当:鳥澤千春  撮影:松川達也

1 2 3 4 5 6 7
D 2 0 0 2 0 0 0 2
0 0 5 0 1 2 8

 

末廣ヌードルズVS Dickies2度目の対戦は末廣ヌードルズの勝利!

梅雨の影響で雨天が続いていましたが、当日は久しぶりの晴れ模様!2月に行われた末廣ヌードルズVS Dickiesの試合では僅差で末廣ヌードルズの勝利でした。

リベンジを狙うDickiesは1回表にフォアボールで出塁し、佐藤選手、柿木選手のヒットにより2点先制します。

3回裏の末廣ヌードルズの攻撃では、ヒット、フォアボールから満塁。得点のチャンスの場面で瀬尾選手のタイムリーヒットが飛び出し同点に追いつきます。

 

打線に火が付いた末廣ヌードルズは杉本選手の2塁打でさらに2点を返し逆転へ!
その後も1点を追加しこの回5点とします。

5回以降も末廣ヌードルズはフォアボールや積極的な盗塁でチャンスをつくり、3点を追加します。

一方のDickiesは2回目以降末廣ヌードルズ先発、高橋投手の投球に中々タイミングが合いません。途中チャンスの場面もありましたが、決定打が出ず得点を追加することが出来ませんでした。結果、2-8で2度目の対戦も末廣ヌードルズが白星を飾りました。

 

試合後インタビュー

末廣ヌードルズ  瀬尾高晃 さん (鳥澤千春より)

Q.3回裏同点タイムリーヒットの場面では、どんな気持ちで打席に立ちましたか?
A.1回で相手に先制されている状態で、自分の前の打者がチャンスを作ってくれたので、このチャンスを活かして自分が必ず結果を出す!という気持ちで打席に立ちました。

Q.その時に狙っていた球種はありましたか?
A. 特にありませんでした。反射神経で打ちました。

Q.普段バッティングで心がけていることはありますか?
A. 欲が出るとどうしても大振りになってしまうので、小さくコンパクトに振るように心がけています。今回の打席でも実践できました。

Q.今後の意気込みを教えてください。
A. Gリーグに加入している様々なチームと対戦して、どんどん白星を飾ってもっと幅広く自分たちのチームの名を売っていきたいと思っています。

末廣ヌードルズ 石井貴志 さん (鳥澤千春より)

Q.今回の勝因は?
A.1,2回がダラッとしていて点が入らない負けパターンになりそうだったので、3回の守備を3者凡退で終わらせた後に、ベンチにメンバーを集めてカツを入れて気合を入れなおしました。それがいい結果に繋がったのだと思います。

Q今回のよかった点と悪かった点を教えてください。
A.良かった点は、途中で気合が入ったこと。悪かった点は、初回の入りですね。ダラダラしていて気合が足りなかった。

Q.今後の意気込みを教えてください。
A.これから色々なチームと対戦して勝っていってGリーグを盛り上げていきたいです。

Dickies 北村颯 さん (鳥澤千春より)

Q今回のよかった点と悪かった点を教えてください。
A.良かった点は、先制点がきっちり取れたこと。1番2番が出塁し、3番4番できっちりホームに返せたので、そこは良かった。悪かった点は守備です。判断ミスが多かったです。

Q.今後の意気込みを教えてください。
A.一人ひとりの役割をきっちりして、次こそは勝ちたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る