渡辺、初回に先制HR!ぬかるむグラウンドでもアパッチ無失策!

2014.5.24横浜アパッチ vs 武蔵野サイドウォーカーズ

横浜アパッチ vs 武蔵野サイドウォーカーズ  (9-3)

2014年5月24日 二子玉川区民運動施設

担当:中前信  撮影:ヘング ヴェスナ

1 2 3 4 5
2 0 4 0 3 9
0 0 3 0 0 3

 

空はすっきりと晴れたものの、前日の雨でグラウンドがぬかるみ、予期せぬバウンドや足元の滑りに気を使いながらのプレーとなった。

試合は初回から打撃戦の様相を呈した。1回表、横浜アパッチ先頭の岩本選手がフォアボールで出塁すると、3番渡辺選手がライトの頭上を越える特大のホームランで2点を先制。
1回裏は勢いのついた横浜アパッチ先発の小野投手が連続三振を奪うなど危なげのないピッチングで3アウトを取り、反撃の機会を与えない。
2回表には武蔵野サイドウォーカーズ先発の中村投手も落ち着きを取り戻し、スリーベースヒットを許しながらも後続を打ち取り、味方の援護を待つ。2回裏、4番石井選手、5番本土選手の連続ヒットでチャンスを拡げるも、グラウンドに足を取られたか盗塁失敗も絡み、一時は満塁のチャンスを作りながらも得点はならなかった。

  • 2014.5.24横浜アパッチ vs 武蔵野サイドウォーカーズ
  • 2014.5.24横浜アパッチ vs 武蔵野サイドウォーカーズ
  • 2014.5.24横浜アパッチ vs 武蔵野サイドウォーカーズ
  • 2014.5.24横浜アパッチ vs 武蔵野サイドウォーカーズ

3回表も武蔵野サイドウォーカーズは再び悪コンディションに悩まされ、取れるはずのアウトが取れず長引いた攻撃の中で4点の追加を許してしまう。しかし打線は好調さを見せ、今度こそは打線が上手く繋がり4番石井選手、6番兼光選手らのタイムリーなどで3点を奪う。
逆転への糸口を掴んだ武蔵野サイドウォーカーズは4回表から山縣投手が登板し、緩急を駆使したピッチングで打者の打ち気を上手く誘い、3人連続で外野フライに打ち取る好投を見せた。その後も武蔵野サイドウォーカーズはチャンスを作る粘りの攻撃を見せるもタイムオーバーで5回裏の終了時に打ち切りとなり、敗北を喫した。
横浜アパッチは4回裏から登板した小笠原投手が要所を締めるピッチングで2回を無失点に抑え、今季初勝利を収めた。

 

試合後インタビュー

横浜アパッチ  渡辺 さん (中前信より)

決勝点となった先制ホームランを放った

打った時の感想
「こちらのピッチャーが良いので、先制すれば勝てると思い、打った。」

試合の中で上手く出来た、という部分は
「みんな良く打っていたので、自分も負けないように打ちたかった。」

横浜アパッチ  小西 さん (中前信より)

試合を振り返って
「今日は打線がつながったので勝つことが出来た。」

特に褒めてあげたい選手は
「やはりホームランを打った渡辺選手。あれが効いた。」

武蔵野サイドウォーカーズ 本土雄大 さん (中前信より)

試合を振り返って
「攻撃面では、塁にランナーを溜めることはどの回も出来ていたので、あと一本が出なかったということであくまで結果としてしょうがない。自分たちの攻撃は出来たので、その点は満足している。最後の一本が出せるように各自素振りなどの打撃練習を重ねていきたい。守備面では良いプレーもいくつか出たが、グラウンドの状態が悪く惜しかった。全体としては良いゲームが出来たと思う。」

今後G-LEAGUEで戦っていく上で
「まだ2試合消化しただけで、相手がどういったチームなのかわからないが、自分たちの野球をしていきたい。攻撃は毎回1点ずつ取れる野球、守備では未経験者が多いこともふまえ、エラーをしても気にしない、楽しい野球をしたいと思う。」

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る