クリーンナップで6安打5打点!慶應Slayersがダブルヘッダー2連勝!

1355_DSC_0340

横浜アパッチ vs 慶應Slayers (1-8)

2014年5月18日 12:00- 天神第4野球場

担当:山口あずさ  撮影:知念駿太

1 2 3 4 5
0 0 0 1 0 1
0 5 0 3 8

 

気温も上がりさらに暑くなってきた正午、ダブルヘッダーとなる、横浜アパッチvs慶應Slayersの二試合目が行われました。

一試合目と同じく先攻となったアパッチは一回の表三者凡退。その裏、スレイヤーズは2アウトから、3番宮坂選手のシングルヒット、4番下田選手のツーベースヒットで早速チャンスをつくりますが、無得点。
二回表、アパッチは4番平山選手がヒットで出塁するも、盗塁失敗でランナー無し。この回も無得点となります。二回の裏、スレイヤーズ先頭の6番原田選手がいきなりのツーベースヒット。内野ゴロで三塁へ進むと、8番川村選手のフィルダースチョイスで1点を先制します。なおも2アウト一、二塁から下川選手のレフト前ヒットが相手のエラーも誘い、もう1点。続く宮坂選手のゴロもエラーとなりさらに1点。4番下川選手はまたまたツーベースヒットを放って、この回計5点のビッグイニングとなります。
三回表アパッチは、先頭入江選手がヒット、続く小西選手がフォアボールでノーアウト一、二塁とします。1アウトから、2番小笠原選手の当たりもエラーを誘い、1アウト満塁のチャンスでしたが、3番岩本選手のライナーに反応が遅れてダブルプレー。貴重なチャンスを逃してしまいます。その裏、スレイヤーズも2アウトから川村選手の二塁打、そして内野のエラーでランナーを溜めるも無得点。

四回表、アパッチは、4番平山選手が二塁打で出塁すると、5番与儀選手の連続二塁打で待望の1点をゲットします。しかしスレイヤーズも負けてはいません。先頭下川選手が相手のエラーで出塁。ここでアパッチはサードとセンターの守備交代をしますが、続く宮坂選手は変わったばかりのセンターに向かってホームラン!さらに下田選手のこの試合3本連続のツーベース、近藤選手・原田選手の連続安打でもう1点を追加、8-1とアパッチを突き放します。
ここで点を入れないとコールドゲームとなってしまうアパッチ。五回表、1番小野選手のツーベースが出るも得点には結びつかず、8-1、5回コールドゲームとなってしまいました。


非常に暑い中でのダブルヘッダーの試合でしたが、両チーム活気と笑いに溢れた、非常に良い試合でした。お疲れ様でした。

 

試合後インタビュー

慶應Slayers 宮坂航亮 さん (山口あずさより)

―4回のホームランの感想は
「完璧というか、久しぶりに気持ちの良いものが打てた」

―全体的にバッティングが良かったと思いますが、何かチーム内で心がけたことは?
「今日は1年生が多く、彼らのフレッシュ感と、自分達4年生の雰囲気が上手く噛み合い、良い攻撃に繋がったと思う」

―今後の抱負を
「G-LEAGUEには多くのチームがあると思うので、やるからには上を目指して、今日のような試合を続けていきたい」

慶應Slayers 下川泰平さん (山口あずさより)

―Wヘッダーの2試合目、1試合目より多くのヒットが出たが、打撃面ではどうでしたか
「二試合目のメンバーはみんな(しっかり打つことが)できると思っていたので、当然の結果だと思う」

―守備面ではいかがでしたか
「ストライクが入れば勝てるなという感じだった」

―今後のチームとしての抱負を
「まだG-LEAGUEは2回目だが、これからどんどん試合をして、上位のチームに食らいついていきたい」

横浜アパッチ 小西 さん(山口あずさより)

―この試合を振り返って
「完敗です」

―Wヘッダーの1試合目から活かされた点は
「活かされた点は特になく、疲れが出てしまった」

―1試合目と比べるとヒットも出て、点も取れましたが、何か心がけたことは
「とにかく自由に、打ちたいように打つという感じだった」

―今後のチームの抱負を
「次は勝ちたいと思います」

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る