中防トンネルズ、無失策・無四死球!堅実野球で完封勝利!

2014.4.20中防トンネルズ vs Dickies

中防トンネルズ vs Dickies(3-0)

2014年4月20日 潮見野球場

担当:亀山 美波

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 2 0 1 3
D 0 0 0 0 0 0 0 0

 

4月中旬ながらも、少し肌寒い気候のなか中防トンネルズとDickiesの試合は行われた。

早い回から両チームとも三塁まで走者を進めるも、なかなか得点には至らなかったが、5回に中防トンネルズがその均衡を破った。

先頭4番新川選手が四球で出塁すると、5番武田選手の打席で盗塁を試みる。これが成功し、更に捕手からの送球が乱れその間にノーアウト三塁とする。そして武田選手がレフト前にヒットを打ち、先制点となる。その武田選手も盗塁を成功させ、ここでDickiesの投手小宮選手が降板、望月選手への継投。しかしその立ち上がり、6番松田選手にライト線に二塁打をうたれ、追加点を許してしまう。

  • 2014.4.20中防トンネルズ vs Dickies
  • 2014.4.20中防トンネルズ vs Dickies
  • 2014.4.20中防トンネルズ vs Dickies
  • 2014.4.20中防トンネルズ vs Dickies

6回は三者凡退に終わるも、7回には再び4番新川選手の打席から始まり、四死球で走者を貯めて一点を加える。

Dickiesも2回に先頭4番藤川選手が左中間を破る三塁打を放つも、後が続かずこの回は無得点。5回6回もツーアウトから二塁まで進みチャンスをつくるものの、あと一本がでず無得点。

先発堀本選手が8奪三振0四死球の完投でトンネルズが勝利した。

 

試合後インタビュー

中防トンネルズ 堀本直輝さん (亀山 美波より)

(本日の投球を振り返って)
ヒットも何本か打たれたが、ピンチで飛んだところがたまたま良く、恵まれた。

(ノーエラーの打撃陣について)
こっちも点がとれないなかで一点をとることができ、その後リズムに乗り、徐々に調子が上がり抑えることができた。

(今後の抱負)
終盤に握力がなくなり球が走らなくなってしまった。もっと練習して良いピッチングができるようにしたい。

中防トンネルズ 菊地直樹さん (亀山 美波より)

(堀本投手について)
四死球なしというのはチームとして私の指示として心がけさせていた。打たれてもいいからとにかく初球ストライクでカウントを有利にしたなかで進められるよう指示していた。それが実戦のなかで今日結果としてでて良かった。

(打撃陣について)
打線は相変わらずあまり打てないチームなので、内野ゴロと走塁でなんとか次の塁に進み、ノーヒットでも一点をとりにいった。今日はそんな流れのなかでずっと序盤苦しかったが(5回には)ランナー三塁でスクイズでいきたかったが、初回に流れを崩していたので、打者が期待していた新人だったので打たせて正解だった。

(今後の抱負)
今日の相手のように変幻自在の投手が多数いるチームがたくさんいると思うので、いろんな投手と対戦して経験を積みたい。

Dickies 北村颯さん(亀山 美波より)

(単打や長打がいくつか出ているなか要所を抑えられてしまったが)
チャンスで一本が出なかった。全員外のボールに苦しんでいたので、そこが今日勝てなかったポイントだと思う。

(投手陣について)
先発小宮も始めはよかったが、私が継投のタイミングをミスしてしまった。投手の様子を見ながらもう少し早く継投していたら、失点を抑えられたと思う。

(今後の抱負)
とにかく一戦必勝の気持ちで頑張っていきたい。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る