1・2番の活躍で投手戦をものにしたおーたずが勝利!

2014.3.15 ITCPP vs 芝中おーたず

ITCPP vs 芝中おーたず(2-4)

2014年3月15日 大宮健保グラウンド

担当:川田麻美子

1 2 3 4 5 6 7
ITCPP 1 0 1 0 0 0 0 2
芝中おーたず 1 2 0 1 0 0 4

広大な大宮けんぽグラウンドのシーズンが明けいよいよ春到来。しかし本日は陽射しの暖かさは全く感じられないほどの冷たい強風が吹く中、G-LEAGUEのデビュー戦となるITCPP vs 芝中おーたずの試合が行われた。

初回ITCPPは、先頭打者・鈴木選手の打球が風の影響を受け出塁に成功すると手堅く送り得点圏へ。続く3番・小俣選手がライト前に弾き返し、効率よく1点を先制する。 しかしその裏、芝中おーたずも先頭の吉澤選手が同じように風の影響を受けたヒットで出塁すると、すぐさま果敢に走り三塁へ。相手バッテリーのミスを逃さずに一気に本塁を踏み、試合を振り出しに戻した。 2回、相手攻撃を三者三振に仕留めた芝中おーたずは、その勢いのまま攻撃へ。相手投手の際どいコースを見極め満塁まで持っていくと、1番・吉澤選手の打球にまたも風が味方してタイムリー内野安打となり、勝ち越しに成功する。 3回、ITCPPは1番・鈴木選手が相手のミスから出塁し、積極的に次の塁を狙い1人で1点を返したものの、反撃はここまで。4回からマウンドに上がった吉田投手を打ち崩すことが出来ず、そのままゲームセットとなった。

芝中おーたずは、先発・岡投手の速球が光り、3回を被安打1、6奪三振に抑える見事な好投。継投の吉田投手も4回を1被安打、4奪三振に抑えた。 一方ITCPPの鈴木投手は6回を完投し7奪三振。序盤は変化球、後半は速球を中心に使い分け、芝中おーたず打線を4安打に抑えた。コーナーをギリギリに攻めた結果7四球を与えてしまったのが失点につながり、残念な結果となった。

強風の影響が大きく出てしまったこの試合、予測を遥かに超える打球の行方に翻弄される場面も多かったが、両チームとも常に声を掛け合い一丸となって試合に臨んでいた。6回裏には、更なる追加点を狙うおーたず打線をITCPP小俣選手が体を張って阻止。そのプレーで負傷してしまった小俣選手の気合が伝わった両チームは最後まで気持ちを切らさずにプレーした。 両チームのみなさま、お疲れ様でした。

試合後インタビュー

芝中おーたず 吉澤康平さん (川田麻美子より)

初回で2盗塁を絡め同点のホームイン、2回には勝ち越しのタイムリーで活躍

(初回の得点について) どんな形でも先頭打者として塁に出れたことがよかった。積極的に2盗塁して1点取れたのでよかったです。 (満塁の場面でタイムリーを打った時の気持ちは) みんなあまり振れてなかったので、どんな形であれ点につながってよかったです。 (全打席出塁について) 今年初めての試合で久しぶりだったので、みんな打ててないのが分かり、四球でも塁に出れてよかったです。 (今年の抱負は) 一戦一戦しっかり戦って、どんな試合でも落とさずに上位を狙っていきたいです。

芝中おーたず 小平謙伍さん (川田麻美子より)

(今日の試合について) 今年の初戦で、みんな体が固いだろうなと思ったけど、比較的動けていた。初試合というモチベーションも出ていたのではないかと思います。でも、ランナーが溜まった場面での決定打が少なかった。もっと点が取れていてもいい試合だったかなとも思います。 (今年の抱負は) リーグ1位になってチャンピオンシップで優勝を狙います!

ITCPP 長田淳さん(川田麻美子より)

転勤の都合でこの試合がラスト試合。チームの粋な計らいで4番を務めた

(今日の試合を振り返って) せっかく4番に座らせてもらったのに、全然活躍できず残念でした。でも試合は楽しめたのでよかったです。 チームとしてはシーズン初戦で仕上がりはこれからだと思うけど、そこそこやれた試合でした。 (このチームの特徴は) ピッチャーの鈴木君がすごくよくて、投手主体のチームです。 G-LEAGUEの初戦で私は引退しちゃいますが、これからは積極的にリーグに参加して試合を重ねていきたい。 チームの目標は、コツコツ試合を重ねていいところまでいければいいです!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る