中防トンネルズ 2014年初試合を逆転勝利!

サンヒットB.B.C vs 中防トンネルズ(1-3)

2014年2月23日 夢の島総合運動場

担当:富田隆

1 2 3 4 5 6 7
1 0 0 0 0 0 0 1
0 0 1 0 1 1 3

過ごしやすい曇り空の江東区・夢の島総合運動場で行なわれた一戦は、中防トンネルズが僅差で勝利。サンヒットB.B.CはGリーグ初試合を白星で飾ることはできなかった。

中防トンネルズは1点ビハインドで迎えた3回に反撃。この回先頭の田原選手が二塁強襲安打、続く齋藤選手の左前安打に相手失策が絡んで無死二・三塁のチャンスをつかむと、1番堀本選手が初球スクイズを決めて同点に追いついた。5回は相手ワイルドピッチで1点を奪い逆転に成功。6回には田原選手が押し出し四球を選び、貴重な1点を加えた。
先発のアンダースロー・堀本投手は7イニングを失点1、奪三振7のピッチング。完投勝利を挙げた。

サンヒットB.B.Cは初回、2番杉村選手が左中間を深々と破るソロ本塁打を放ち先制した。2回は藺藤選手が四球の後、落水選手・中村選手が連打。二死満塁として打席は再び杉村選手だったが、大飛球は深く守っていたセンターのグラブに収まり、点差を広げることができなかった。

 

試合後インタビュー

中防トンネルズ 堀本直輝さん (富田隆より)

7回完投勝利!

「相手のサンヒットB.B.Cさんが足立区のチャンピオンチームだと聞いていたので、どこまで通用するかチャレンジ精神を持って臨んだ。味方の守りに助けられて、かなり運があったと思うんですけど最後まで投げ切ることができました」

ボールがいろいろ変化していたように見えたのですが、今日の球種は何でしょうか?
「変化球はカーブ・スライダー・シンカー・チェンジアップ、全部投げました」

中防トンネルズ 菊地直樹さん (富田隆より)

「今日のダブルヘッダーが今年最初の試合。一番気にしていたのは、今までやってきた自分らの野球を初っぱなから出せるように、ということ。相手が強いことはわかっていたので、その中でどんだけできるか、そこを意識して入りました」

スクイズを敢行した場面が三度ありました。
「いかんせんホント打てないチームなんで・・・内野ゴロ・走塁・バントでいかに点を取るか、というのがウチの野球だとチームに常々言っている。相手がいいピッチャーだったんでなかなかヒットは続かないだろうなと見て、四死球からのバントで、ヒットを打たないまでも点を取れる形にして着実に点を重ねていこうとした。たまたま今日うちのピッチャーが調子良かったんで、もし2~3点とれれば勝ち目もあるのかな、と1点を大事にしていった」

外野手の位置取りが深めになったり大きく右に寄ったりと、大胆なシフトが目立ちました。
「相手のスイングや前回の打席の結果、バッターの立ち位置とかを含めて、常々変えていくような指示はしています。多少ギャンブル的になるところもあるんですけど、今日は上手くハマって本来ヒットになっちゃうのを外野フライに仕留められた、というのが多かった」

有り難うございました。
「今年はいっぱい試合します」

サンヒットB.B.C 岡野泰山さん(富田隆より)

「今年最初の試合ということで、ウォーミングアップを兼ねた試合だった。誰が使えるか、誰がどんなボールを投げれるか、それを試したかった。負けたのは悔しいけど、そんなに(敗戦の影響が)残ることはない」

今日の継投は予定通りだったんですね。
「本当はもっといろんな継投ができたんだけどね。2~3人投げさせたかったが、今日はまだ全員揃ってなくて できなかった。なのでイニングを投げさせすぎたところがある」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る