今井が満塁本塁打!ヤンキース快勝!

ランニング満塁本塁打を放った今井選手

乱気竜 vs 和田町ヤンキース(4-11)

2013年7月13日 多摩川六郷橋緑地野球場

担当:藤田 昂毅

1 2 3 4 5 6
2 4 0 0 0 5 11
0 3 0 0 1 0 4

最近の真夏を感じさせるような日差しが雲に隠れ、日差しによるまぶしさがない一方、蒸し暑い中で試合が行われました。

先制したのは先攻の和田町ヤンキース。初回、2番森山選手がフォアボールで出塁すると、3番本郷選手がタイムリースリーベースを放ち先制。その後のエラーによりこの回2点先取。二回表もフォアボール・単打・盗塁を絡め二死満塁とし、一回と同じく3番本郷選手、レフト線に走者一掃タームリーツーベースを放ちここまでで6打点。ところが二回裏の乱気竜、この回先頭の7番北村選手、8番福岡選手が連続ヒットを放ち無死一・二塁とし、2番山崎選手、3番朝倉選手の2者連続タイムリーツーベースを放ちこの回3点を返す。

また五回裏、先頭の2番山崎選手がフォアボールで出塁すると、盗塁・進塁打・ワイルドピッチを絡め2点差に詰め寄った。ところが六回表、先頭の9番守山さんセンターへのヒットから進塁打・フォアボール・エラー・ヒットを絡め一死満塁から、5番の今井選手が左中間へランニングホームランを放ちこの回一挙5点。六回裏和田町ヤンキース、この回からのピッチャー森山選手が3者連続三振に切って取りゲームセット。

両チームのみなさん、暑い中での試合お疲れ様でした!両チームどちらも熱中症で倒れたりするような選手が出たりせず、無事試合を終えることが出きてよかったです。今後の両チームのG-LEAGUEでのご活躍を期待しております!

試合後インタビュー

和田町ヤンキース 本郷友洋さん (藤田 昂毅より)

先制打点を含む4打点
(バッティングについて)

先制点取れればな、という思いで打席に立った。

(今日の試合を振り返って)

序盤、点が開いていた中で中盤に追加点が取れず、ピッチャーを助けることができなかったのは反省。しかし、今日の勝ちで3試合すべて勝てているのはいい点ではないかと思う。

(今後について)

試合を増やしてG-LEAGUEでより上位に食い込んでいきたい。

乱気竜 若林輝樹さん (藤田 昂毅より)

(今日の試合を振り返って)

梅雨も明け、おじさんたちは頑張ったけども若いチームに勝てなかった。

(今後について)

腹筋・背筋・腕立て伏せを毎日20回ずつして日々トレーニングをしていきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る