草野球大会やリーグに参加するなら全国軟式草野球リーグ G-LEAGUE

草野球大会 G-リーグ

完全ランキング方式 全国軟式野球リーグ:G-LEAGUE

Full-Ranking Style Baseball League

.

リーグ加盟チーム募集中!

加盟チームどんどん増えてます!試合もどんどん増えてます!




※Internet Explorerは非対応です。最新のGoogle Chrome、Firefox、Safariでお楽しみください。iPhone、iPadのSafariにも対応しております。

2013年6月23日(日)  月島運動場
Be-Friendよしもりーず VS 蒼天(2-6)

1045074_270673369739678_1376951974_n.jpg

担当ナビゲーター:藤田 昂毅

〈試合レポート〉試合開始前に降り始めた雨も開始直前には止み、開始予定時刻の約15分遅れで無事に試合が始まりました。両チームの方々とても明るく、和やかなムードで試合が進行しました。
先制したのは先攻のBe-Friendよしもりーず。初回、先頭バッターの葛生さんが左中間へのスリーベースヒット。3番の刀根さんがきっちり犠牲フライを放ち先制。ところが二回裏、蒼天の先頭、菅野さんがエラーで出塁すると、盗塁・ワイルドピッチを絡め、七番の石川さんがタイムリーツーベースを放ち同点。続く三回裏も先頭の塚野さんがエラーで出塁したのをきっかけに六番の打保さんのタイムリーで追加点。蒼天は四回裏、五回裏ともに先頭バッターが出てからの追加点を挙げていきました。5点ビハインドの七回表Be-Friendよしもりーず、この回先頭の宮野さんがヒットで出塁すると、エラーや犠牲フライを絡めてこの回1点を返しました。ところが、蒼天の守備陣が1点に抑え、ゲームセット。
両チームのみなさん、悪天候の中の試合お疲れ様でした!野球を本当に楽しんでいるのだな、と羨ましく思いました。今後の両チームのG-LEAGUEでのご活躍を期待しております!


〈試合後インタビュー〉
Be-Friendよしもりーず

監督:新名さん

 野球初心者の集まりという状況でも試合を楽しめたのではないだろうか。投球内容として、自責点は0点だったものの…打たれたところが悪かった。今後の目標として、1度は完全試合を達成したい!その中でも怪我なく、楽しく野球をやっていきたい。今日のうちのMVPは葛生君。


蒼天

監督:田中 亮さん

 自分としては、犠牲フライの場面で浅く守りすぎてしまったというところが反省点。チームとしては雨等で中止が多くチームの調子もなかなか上がらなかったものの、今日のような形で着実に得点できたのはよかった。今後は走れる限り頑張っていきたい。

ヒーロー:打保 大介さん(勝ち越し打・3安打猛打賞)

 勝ち越し打は相手が早いピッチャーだったけれども、つまりながらライトにうまく持っていけたと思う。3打席目は三振しないよう、転がせば、というところで…結果オーラいで(笑。今後は、引き続き怪我の無いように楽しく野球をしていきたい。



2013年6月23日(日) 大宮けんぽグラウンド
CUTTING EDGE 2-1 two.p.e

C|0101000|2
T|0010000|1

1040468_571325249575732_1373278137_o (1).jpg

担当ナビゲーター:清水宏美

 炎天下での試合かと思われたこの日だったが、試合時間はちょうど若干の曇り空となり、束の間の涼しさに恵まれた。試合は、チャンスを活かしきったCUTTING
EDGEが逆転を狙うtwo.p.eから堅実な守備で守りきる形となった。

 CUTTING EDGEは立ち上がりからデッドボールやフォアボールで出塁するが1回では決定打が出ず。しかし、2回、やはりフォアボールやエラー進塁を果敢に盗塁でつなぎ、生成点を挙げる。
 対するtwo.p.eは2回までなかなかヒットが出ず反撃に苦しむが、3回、打順8番から3本のヒットを生み、同点に追いつく。
 しかし、CUTTING EDGEが再度4回表で相手のエラーから生まれたチャンスをきっちり活かして追加点をあげる。two.p.eも果敢に盗塁を行うなど再度追い上げを狙うが、CUTTING
EDGEが併殺打含む堅い守備で守りきり、勝利を飾った。

近藤監督(C)

「(今日の勝因は)何と言ってもピッチャー砂森が敢闘してくれたこと。打線は1安打でしたが、よく守りきったのも勝因のひとつ。今日の勝ちを踏まえ、今後も粘りのある試合をしていきたい」

砂森選手(C)

7回を完投して。「ちょっとフォアボールが多くリズムを崩したのが反省。あとは、苦しい時に相手が自滅してくれたのはラッキーだった。勝てて嬉しい。次も勝ちたい。」

清水監督(T)

「(試合を振り返って)上位打線が打てなかった。また、盗塁ミスを初め、積極的にいった結果ではあるものの、ミスが目立ってしまったという印象。(今日の試合を踏まえて)細かいプレーの確認からしっかりやっていきたい。」

2013年6月15日土曜日 石神井公園A
ONLY NINE vs 原宿フェローズ (18-0)

996735_203985596425305_206700016_n.jpg

担当ナビゲーター:河島あす美

心配されていた雨も降らず、無事にONLY NINE vs 原宿フェローズの試合が行われた。
1回表、ONLY NINEの攻撃。フォアボールと相手のエラーが絡み3点を奪うと、1アウトランナー2・3塁から7番益田のセンターオーバースリーベースヒットで2点を追加。
2回にも4点を追加し、9-0で迎えた3回表、打者一巡の猛攻で7点を追加し、原宿フェローズを引き離した。
原宿フェローズは毎回ランナーを出すも、盗塁刺など相手の好守に得点を阻まれた。
18点を追う4回裏の攻撃。2者連続ヒットでノーアウトランナー2・3塁とするも、ショートライナーのダブルプレーで2アウトランナー3塁となり、惜しくも得点できずに4回コールドゲーム成立。18-0でONLY ONEが勝利した。
ONLY ONEキャッチャー村越の2つの盗塁刺、ピッチャー倉冨の完封と、バッテリーの活躍が光る試合となった。
惜しくも敗戦した原宿フェローズも、試合を通してとても良く声が出ていて、活気のある試合だった。

*試合後インタビュー

ONLY NINE監督伊藤さん

-今日の試合の勝因は?
勝因はエース倉冨の好投が光ったこと。
このチームは、前回の試合もそうだったが、2番バッターが固定できていなかったので、2番にポイントゲッターである5番尾崎を起用することによって、1.2.3.4番の流れがしっかりできて、それが得点に結び付いた。これが最大の勝因であると思う。

-次の試合に向けて
次は6〜9番の下位打線をどのように繋いでいくか。それが重要になってくるので、エンドランやバントといった小技を混ぜていって、1番に得点圏をドンと置いていけたらと思う。

原宿フェローズ監督栗原さん

-試合を振り返ってみて
今日はグラウンドコンディションも悪く、(ボールが)滑ってしまうシーンが多く、ピッチャーを助けてあげられなかったのが敗因だと思う。

-次の試合に向けて
今回は4回コールドという、相手のチームにも迷惑をかけてしまうような試合をしてしまったので、次はそうならないようもっと練習して出直したいと思う。

*ヒーローインタビュー

ONLY NINE倉冨さん

-今日の試合を振り返ってみて
G-LEAGUE2試合目ということで、未勝利だったので、なんとか初勝利を成し遂げたかったので、勝ちにいけて良かったと思う。

-最終回はどのような気持ちだったか
1点取られてしまうことによって、次の試合にも響いてしまうと思ったので、0点に抑えることが次の試合にも繋がると思い、0点に抑えようと必死に投げた。

2013年6月15日(土) 潮田公園野球場
和田町ヤンキース 7-6 横濱マリーンスターズ

ヤ|022 30|7
マ|020 40|6

横濱マリーンスターズvs和田町ヤンキース_リサイズ済み.jpg

担当ナビゲーター:富田隆

 梅雨の晴れ間に川崎市鶴見区で行われた試合は、和田町ヤンキースが追い上げる横濱マリーンスターズを振り切って勝利を収めた。
 ヤンキースは長打攻勢で得点を重ねた。
 2回に福田の右中間を破る二塁打から1死二・三塁の好機を作ると、手塚がセンター左へ二塁打を放ち2点を先制。3回にも2点を挙げ、4回は菅江・佐藤・福田から二塁打3本が飛び出して3点を追加。一時は5点差をつけた。
 先発の佐々木は3イニングを投げて三振5つを奪った。

 マリーンスターズは2回、笹尾の中越え二塁打などで2死二・三塁とし、8番 舩迫の中前適時打と相手失策で同点に。
 5点ビハインドで迎えた4回は笹尾・増田の長短打でチャンスを作り、嶋田の左翼線二塁打などで2点差に詰め寄った。さらに2死満塁とすると、4番ジミーの中前安打でまず三塁走者が生還。しかし続く二塁走者は本塁タッチアウトとなり、追撃もここまで。最終回はヤンキース3番手・武藤に抑えられた。

半井監督(ヤ)

「先発の佐々木投手が3回まで粘りのピッチングで頑張ってくれた。途中ちょっと締まらない部分もあったが、勝ってよかった」

佐藤選手(ヤ)

3安打を放つ。「たまたまです(笑)。チームに貢献できてよかった。これからも調子を崩さないようにしっかりやっていきたい」

井上監督(マ)

「練習試合でやらせてもらった時は20-1くらいで負けたが、今日は最後まで粘れた。ピッチャーを変えられて戸惑ったが、みんな最後まで、2ストライクから粘るいいバッティングが出来た。特に今日は下位打線がよく1番につなげてて・・・1番がちょっとダメでしたね(注:自身のこと)。ウチの特徴は負けても勝ったかのように終わるところ。これからも頑張っていく」

2013年6月15日(土) 二子玉川緑地野球場(渋谷)
立教大学TaMaGo 6-4 ハードライナーズ

1015749_207160189433416_589456108_o.jpg

担当ナビゲーター:吉田 将来

 雨天の予報を忘れさせるような、強い日差しの中で行われた一戦は、立教大学TaMaGo、ハードライナーズともに素晴らしい打撃を見せ、手に汗に握る打撃戦となった。

 一回表、立教大学TaMaGoがいきなり素晴らしい攻撃を見せる。田代、川田の一二番が四球とヒットでチャンスを作り、確実にバントでランナーを進め一死2,3塁。その後、相手のエラーで満塁とし、五番米川がしっかりとレフトへ犠牲フライを放ち、一点を先制。

 その裏、一点を追うハードライナーズも二死から堀江、中原の三四番のヒットと四球で同点のチャンスを作る。五番山下の打席の一球目、相手の捕手から二塁へ牽制がいく。この牽制が外野へ逸れる間に、二塁ランナーの堀江が一気にホームを狙うが、惜しくもアウトとなり、この回無得点で終える。

 一回裏を無得点に抑え流れに乗った立教大学TaMaGoは二回表、一番中川の右中間への二点ホームランを放ち、リードを広げる。

 三点の援護をもらった立教大学TaMaGoの先発・駒崎は、ランナーを出しながらも要所を締める粘りのピッチングで四回までハードライナーズ打線を無得点に抑える。

 三、四回は両チーム得点なく、試合は後半戦へ。

 試合が落ち着きだす中、先に試合を動かしたのは立教大学TaMaGoであった。五回表、一死2塁のチャンスから、米川・樋口伊藤の三連打で三点を追加。この日五番米川は二回の得点圏での打席でそれぞれ打点を挙げる勝負強い打撃を見せる。

 6-0とリードを広げられたハードライナーズも、その裏反撃開始。一死一二塁から一番吉田のレフト前タイムリー、二番大波多の二点タイムリースリーベースなどで四点を返す。

 五回表裏は、両チームここ一番の場面で高い集中力を発揮し、素晴らしい打撃を見せる見ごたえのある回であった。

 その後もハードライナーズは得点のチャンスを作るも、惜しくもあと一歩及ばず、6-4で立教大学TaMaGoがG-LEAGUE初戦を勝利で飾った。


立教大学TaMaGo 山崎主将インタビュー

「(勝利の要因は)ピッチャー(駒崎)がランナーを出しながらも、踏ん張ってくれたことだと思う。大きなミスがなかったのもよかった。(G-LEAGUEでの目標は)参加してるからには、負けないように頑張っていきたい。」


ハードライナーズ 西村監督インタビュー

「(今日の試合のポイントは)エラーが出てしまったこと。しょうがないが、反省すべき点だと思う。走塁ミス、相手の肩を見極められずに刺されてしまうこともあったので、次回は修正していきたい。来週は2試合あるので、連勝できるようにしたい。」

ヒーローインタビュー 先制犠牲フライとタイムリー、二打点の活躍 五番米川選手

「(タイムリーでの打席では)ランナーを返すことを心掛けた。最近不調なので上から叩くことを意識している。(個人としてのG-LEAGUEの抱負は)僕の特徴は肩なので、センターからのレーザービームをみせられたらと思う。(打撃は)他にも打てるバッターがいるので、つなぐ意識を持つ中でチームで一番の打率を残せたらいいと思う。」

2013年6月9日(日) 月島運動場
Be-friendよしもり~ず vs 明球会 (2-5)

1009343_214648288684304_1667822338_o.jpg

担当ナビゲーター:川田 麻美子

夕方から梅雨空っぽく雲が少し厚くなり、気温もいい感じに下がる中のナイター試合となった Be-friendよしもり~ず vs 明球会の対戦は、両チーム共に初回を3人で抑えテンポの速い展開で始まった。投手戦になるかと思われた試合の結果は計4本のHRを放った明球会が見事勝利した。

明球会は、2回、先頭打者の4番・大崎が出塁すると、5番・多賀谷もセンター前にはじき返し無死一二塁とする。続く6番・捧の3球目で二塁走者が三盗に失敗し一死一塁になるが、見事レフトオーバーの2ランを放ち2点を先制。
6回には打線が爆発。一死から代打の坂本がレフトオーバーのHR。二死後も4番・大崎、5番・多賀谷が連続HRを放ち3得点。試合を決めた。
先発・河内は速球が光る見事な好投。4回を2被安打3奪三振で無得点に抑えた。
また、内野ゴロの返球を全て確実に捕球した一塁手・捧の活躍も、相手に流れを渡さない大きな要因となった。
   
Be-friendよしもり~ずは、2回、5番・刀根の二塁打で先制のチャンスを作るが後が続かず。
3回も一死一二塁のチャンスを併殺打で阻まれ無得点。
しかし相手投手が代わった5回、7番・矢川がレフトへのHRで1点を返すと、二死後も四球で出塁した9番・佐藤が二盗を決め一打同点のチャンス。ここで1番・井関のライト前安打がタイムリーになると思われたが、好返球によりホームタッチアウト。
4点ビハインドとなった最終回、四球と内野安打で一死満塁となり1点は返すが、2者残塁のままゲームセットとなった。
6回を完投した新名はストレートと変化球を見事に使い分け、6被安打5奪三振無四死球の好投。6回の3HRが悔やまれる結果となった。



試合後のコメント

明球会 捧選手 (先制の2ラン)

(ホームランの打席について)
サインミスがあって自分の失敗でランナーがアウトになったので、ここで絶対打たなきゃいけないと思った。打った感触は根っこだったのですが、うまいところに飛んでくれた。
(守備での活躍も見事でしたが?)
普段はショーバンを取る練習をしているとかではなく、楽しく練習しています。
(Gリーグでの抱負は?)
やるからには一番上になりたいです!

明球会 榊原代表

今日の試合の勝因は、長打がいっぱいでたことと、ピッチャーがいいリズムを作れたこと。
しかし、守備のミスもあったし、攻撃でもサインミスがあったので、これを生かして今後なくしていければもっと強くなれるかなと思うので頑張りたいです。

be-friendよしもり~ず 新名代表

(笑いながら)普段はあまり負けないチームなんですが…
一試合で4本HR打たれたのは人生で初めてです。でも試合を楽しめました。
(今日の敗因は)やっぱりHRが試合を決めてしまった。
でも、今日のMVPは(HRを打った)矢川にあげたいと思う。
Gリーグは新しい形の大会なので、個人個人のプレーを大切にしていきたい。


両チーム、投手の好投と堅い守備がテンポのいい試合を作り、試合時間1時間20分という早さで終わったことには驚きました。
安打・三振数が同じだった両チームの差はホームラン数以外はなかったように思いました。
明球会は、常に大きな声を出し合って若さあふれるチーム。
いいプレーが出た時のテンションの上がり方がとても楽しく思いました。
be-friendよしもり~ずも、一つのプレーごとに遠くにいる選手からも大きな声がかけられて明るいチームでした。
また、守備時の佐藤捕手の的確な指示もすごいと思いました。

両チームのみなさま、本当にお疲れ様でした。

2013年6月9日 日曜日 @桜川野球場
横濱マリーンスターズvs原宿フェローズ (5-6)

1013698_199670706856794_1725119355_n.jpg

担当ナビゲーター:河島あす美

*試合レポート

梅雨がどこかへ行ってしまったかのような強い日差しの中、横濱マリーンスターズ対原宿フェローズの試合が行われた。
1回表、横濱マリーンスターズの攻撃。1アウトランナー3塁から3番ジミーのセンター前ヒットで先制。その後、2アウトランナー2塁から5番佐々木(執)のセンターオーバーで追加点を取る。
1回裏、原宿フェローズの攻撃。ノーアウトランナー1.2塁から3番栗原のレフト前ヒットで1点を返す。
その後も両チーム点を加え、4-2で迎えた6回表、横濱マリーンスターズの攻撃。1アウトランナー3塁から1番ラジャのセンターオーバースリーベースヒットにより1点を追加。5-2と点差を3点に広げた。
6回裏、3点を追う原宿フェローズの攻撃。エラーと四球が絡み2アウトとなり、バッターは4番湯山。右中間を破るツーベースヒットを放ち走者一掃。3点を返し、勝負を降り出しに戻した。
最終回、横濱マリーンスターズはランナーを出すも得点できず。その裏、原宿フェローズは先頭打者川俣のツーベースヒットの後1アウト満塁とすると、2番常川が四球を選び、逆転サヨナラ押し出しで試合終了。5-6で、今回がG-LEAGUE初戦となる原宿フェローズの勝利となった。
最後まで息の詰まる接戦だったが、原宿フェローズの粘り勝ちとなった。


*試合後インタビュー

[横濱マリーンスターズ 監督ラジャ・ブラダンさん]

-今日の試合を振り返って
リーグ3戦目となったが、先制点を取ったりと一番良い展開になった。
ピッチャーが完投できると思ったが、疲れてしまった。よく投げたと思う。
相手も最後の最後まで諦めない粘りのあるバッティングだった。下位打線の8番9番も粘って塁に出ていて良いチームだと思った。また、是非やらせていただきたい。次は勝ちます。

-今後の戦い方について
もう一人ピッチャーがいるので、今日のピッチャーと交互に投げてもらって、リズムよく試合を作ってもらいたい。打線はこのまま良いと思う。

[原宿フェローズ監督 栗原健さん]

-G-LEAGUE初戦ということで
皆、最初は緊張していたが、回を追うごとにいつも通りのプレーができるようになって、逆転につながった。

-今日の勝因は
チーム力では相手に負けていたが、皆が気持ちを一つにしてプレーできたのが良かった。


*ヒーローインタビュー

[原宿フェローズ湯山さん]

-どのような気持ちで打席に入ったか
ヒーローになるために打席に立った

-打った瞬間の気持ちは
右中間に打つつもりはなかったが、良いところに飛んだ。

-今後の目標
キャッチャーの守備も頑張りつつ、打撃も精進していく。

2013年6月9日(日)
末廣ヌードルズ vs ONLY NINE (7-0)

1008198_402305159883432_769864314_o.jpg

担当ナビゲーター:三橋奈央

今回はG-LEAGUEでもあまりなかったナイターの一戦。好調の末廣ヌードルズと初参戦のONLY NINE の試合が行われました!
各所で、チームの特色を見せた両チーム。
G-LEAGUE参加チーム数も増え、様々な個性を持ったチームが集まる中、
今後ともこの2チームにも期待がかかります!!

試合はまず2回表、末廣ヌードルズ攻撃から大きく動きます。
相手ピッチャーの乱れをしっかりと点につなげていくことに成功し、
一挙に3点を奪取。その裏、ONLY NINE もヒットを繋げ得点圏まで
ランナーを進めるも、その後が続かず・・・。
4回表に 末廣ヌードルズが追加点をあげ、
さらには5回表にも盗塁などをうまく絡め、3点を取ります。
ONLY NINE もヒット数では勝つものの、
相手のピッチャーを打ち崩すまでは行かず、点差を縮めることなくゲームセット。
コールドゲームとなり、末廣ヌードルズが7-0で勝利を収めました!
2チームともお疲れさまでした!!!



●ヒーローインタビュー

末廣ヌードルズ:投打共に活躍した照井さん

「今日は打たせてとるピッチングでした。
まだ甘い球があったので、今後はしっかり抑えられるようにしたいです。
チームとしてもリズムよく、打つ方の時間を長くとれるようになっていきたいです。」

●監督インタビュー

末廣ヌードルズ:監督 大澤さん

「今日は相手のミスもあり勝てたので、もっと打てるようになるといいと思います。
積極的に攻撃をして、チャンスをもっと作っていきたいと思います。」

ONLY NINE :監督 石田さん

「今日は守備が乱れてしまい、ゲームを作ることができませんでした。
今後としてはまずピッチャーのフォアボールがなくなるようにしていきたいと思います。」

2013年06月01日(日) 六郷橋グランド
DON VS 乱気竜(6-3)

965730_205543529592822_34405766_o.jpg

担当ナビゲーター:中澤真紀


・一回表 DONの攻撃
 四球で出たランナーを盗塁~エラーで進め内野安打で返し1点先制。
・二回表 DONの攻撃
ランニングホームランで1点追加。
・二回裏 乱気竜の攻撃
四球で出たランナーを盗塁などで進め1点。
・三回表 DONの攻撃
 四球のランナーを相手のエラーとヒットで返し、ヒットのランナーが捕逸で返り4-1。
・四回表 DONの攻撃
 相手ピッチャーが変わった中で四球で出たランナーが暴投で進みレフト前ヒットで生還。2点追加。
・五回裏 乱気竜の攻撃
 内野安打のランナーが盗塁暴投などで生還。同じく内野安打のランナーが暴投、捕逸で生還し、6-3。

六回終了で、規定時間によりゲームセットとなりました。
四球のランナーを返したり盗塁を決める場面が多く見られとても躍動感のある試合でした。


■勝利チームヒーローインタビュー

誕生日のDON 大野選手

試合を作ってくれて打撃陣もよく打ったと思います。次回もこんなかんじで勝っていきたいと思います。

■勝利監督インタビュー

DON 近藤監督

今日の試合を振り返ってどうでしたか?
→今日は大野選手の誕生日なので、絶対勝とうとみんなで決めていました。

今後の抱負を教えてください。
→今日みたいにみんなたくさん観客が来てくれる試合にしたいと思いますので、みなさん応援お願いします。

■試合後インタビュー

乱気竜 兵頭選手(監督代理)

今日の試合を振り返ってどうでしたか?
→久しぶりの試合といえこともあってみんなの足が浮き足立ってたかなあと、正確な野球を目指していますが、なかなか練習もできないところで久しぶりの試合だったのでそれが敗因につながったと思います。

今日の気合を踏まえて今後がんばりたいことはなんですか?
→もっと、練習して1つでも勝てるよう頑張っていきたいです。

2013年6月1日(土) 世田谷公園野球場

横濱マリーンスターズ 0-7 ハードライナーズ

マ|000 00|0
ハ|014 2×|7
(5回コールドゲーム)

977934_255919831217643_320693780_o.jpg

担当ナビゲーター:富田隆


 過ごしやすい曇り空のもと世田谷公園で行われた試合は、ハードライナーズが5回コールドで横濱マリーンスターズを下した。

 ハードライナーズは2回、先頭の4番 青山が三塁線を破る二塁打で出塁し、1死後 三盗に成功。このチャンスに6番 中原がすかさず左前安打し、先制点を挙げた。
 3回は青山の適時打で1点を追加。さらに続く町田が右中間を深々と破る3点本塁打を放ち、リードを広げた。
 先発 藤井は5イニングを投げ被安打1・奪三振10の快投。

 マリーンスターズは初回、2四球に2盗塁を絡めて1死2・3塁の好機を作ったが、後続が倒れ得点ならず。
 先発 嶋田は落ち着いた投球を見せていたが、後半に捕まってしまった。

西岡監督(ハ)

「毎度同じコメントになってしまいますが、先制点を取れたことが一番だと思います。連勝で来ているので、次も勝って一つでもランキングが上がれば嬉しいです」

町田選手(ハ)

3回に3ランを放つ。「前の打席では、チャンスでピッチャーフライだったので、なんとか打ちたいと思ってました。外角のボールでしたが、逆らうことなく打つことができ、また飛んだ方向が良かったためランニングホームランになったと思います。打てて良かったです」

井上監督(マ)

「相手のチームはピッチャー(藤井投手)が外角低目にいい球を投げていて、出し入れがすごく上手かった。あと4番の方(青山選手)が万能選手でバッティングも盗塁も上手いと思った。ウチの打者はタイミングが合わず打ち上げてしまった。チャンスを作っても点にならなかったのが残念。これからも強いチームとやって、ちょっとずつ成長していければ」





※G-LOCKER ROOMはInternet Explorerには非対応となります。最新のGoogle Chrome、Firefox、Safariでお楽しみください。iPhone、iPadのSafariにも対応しております。