打撃戦を制した原宿フェロース

867_0168

横濱マリーンスターズ vs 原宿フェロース(5-7)

2013年9月14日 御幸球場

担当:亀山美波

1 2 3 4 5
M 0 0 1 1 3 5
F 2 0 3 0 2 7

試合前ににわか雨が降り一時試合開催が危ぶまれたが、幸いにも雨は止み、予定通り試合が行われた。横濱マリーンスターズ対原宿フェローズの試合は打撃戦となり、原宿フェローズが5対7勝利を収めた。

まず先制したのは原宿フェローズ、1回裏の攻撃だった。一死一・二塁で4番湯山選手がライトに打球を放った。捕球できるか微妙な当たりに、横濱マリーンスターズの船迫右翼手が果敢に突っ込むも届かず、失策も重なり塁にいた走者が一掃され2点を先制した。しかし船迫右翼手も自らの失策を取り返すかのように見事に内野にボールを中継、三塁を狙っていた打者走者をアウトにした。

3回表には横濱マリーンスターズが1番ラジャ選手が死球で出塁し、盗塁や進塁打を絡めて三塁まで進むと、4番ジミー選手のバットで1点を返した。 しかし3回裏、原宿フェローズの打線が爆発。一死から1番門野選手・2番常川選手が死球で出塁。更には二死から4番湯山選手の3球目でダブルスチールを仕掛けてきた。これを見た佐々木捕手が三塁へ送球するもそれてしまい、1点を与えてしまう。この勢いを逃さず原宿フェローズは4番湯山選手、続く5番川俣選手、6番朝倉選手が3連打を放ち、この回一挙3得点とした。

しかしながら4回に1点を加え、3点ビハインドで迎えた5回表。横濱マリーンスターズは死球、長打、相手の失策も絡めて1点を返した。その後も相手バッテリーのミスを見逃さず暴投や捕逸の間に2点を得点。試合を振り出しに戻した。 追いつかれた5回裏、一死から4番5番が死球で出塁。この試合ここまで二打数二安打と好調の朝倉選手が打席に立った。その初球だった。朝倉選手のバットから放たれた打球は中堅手の頭上を越えた。結果この試合の決勝打となる二塁打となったのだった。

最後までどちらに転ぶかわからない、非常に観てて面白い試合でした。 両チームの皆さんお疲れ様でした。

試合後インタビュー

原宿フェロース 朝倉さん (河島あす美より)3打数3安打2打点!決勝タイムリー!

-1アウト1.2塁での打席で長打が出たが、どんな気持ちで打席に入ったか?
長打はそんなに期待せず、ランナーをとにかく返せればいいなと思って、コンパクトに振ったが、うまく越えてくれて良かった。

-打った瞬間の気持ちは?
手応えはあったが、少しセンター方向へいって、ひょっとして取られるかなと思ったが、ボールが落ちたのを見て嬉しかった。

原宿フェロース 栗原健さん (河島あす美より)

-打撃戦となったが、今日の勝因は?
今日の勝因は、とにかく皆よく打ったこと。いつもは、うちのチームはどちらかというと偏った人間が打って、偏った場面でしか点が入らなかったことが多かったが、今回はまんべんなく皆が打てたことが良かった。

-今日の投手陣の調子は?
すごくコントロール良く投げてくれて、結果的に最後何本か打たれてしまったが、いつもフォアボールでどちらかというと自滅するケースが多いので、こういう点の取られ方だったらいいかなと思う。

-これからのG-LEAGUEでの目標や抱負
目標は一戦必勝。なかなか勝てないので。頑張ります。

横濱マリーンスターズ ラジャ・プラダンさん(河島あす美より)

-試合を振り返って
前回の対戦もそうだが、すごい良いチームで、レベルも同じくらいだとこっちで認識しているが、皆さんやりがいのあるチームで、前回楽しみで試合を入れた。今回勝ちたかったが、いいところで皆さん打って、タイムリーがいっぱい出て、良いチームだと思う。また3度目の正直でトライします。

-ピッチャーの調子はどうだったか
何ヶ月か振りで投げたが、それにしては良かった。(笑いながら)タバコを吸っていなければ…。またこれから期待したい。

-次の試合に向けての意気込み
次の試合は、またメンバーやちゃんと揃えて、助っ人無しでできればやりたいと思う。チーム力をちょっとずつ上げられるように。楽しくがモットーなので。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る