SWATS 横濱マーリンスターズに5回コールド勝ち

横濱マリーンスターズ  vs SWATS (1-8)

2018年8月25日 羽根木公園野球場

担当:小泉昌司  撮影:巴



SWATSは1点先制されたが、すかさず4点を奪い逆転、さらに追加点をあげ、5回裏には一死満塁の好機に
阿出川投手が中堅に適時打を放ち、2者が本塁を踏んで8対1でコールド勝ちを決めた。

◼️阿出川投手の好投・好打

阿出川は2回に3安打を浴びて1点を奪われたが、3回以降は走者を許さず、毎回の9奪三振を
記録して、勝利を呼び込んだ。
打っても3安打と犠牲フライを決め、攻撃でも活躍を見せた。

◼️SWATSの安定した守備陣が試合を引き締める

内野陣のゴロに対して前での処理と後ろにそらさない気持ちが随所に見られ、
猛暑の中での集中力の高さを見せてくれた。

◼️横濱マーリンスターズ先制点が勝利に結びつかず

2回表ニール選手の三塁打をきっかけに先制点にをあげ、さらに安打と四球で二死満塁の好機を作ったが
一本が出ず、突き放すことができないままに。逆転を許してしまった。



試合後インタビュー

SWATS 関根光一 選手 (小泉昌司 より)

Q:ヒットの手ごたえは?
A:1打席目は、チャンスに回ってきたが、2ストライクと追い込まれて何としても還そうという気持ちでバットを振った。
2打席目は先頭だったので思い切り行けたのが2塁打につながった。

SWATS 田中駿太 監督 (小泉昌司 より)

Q:振り返りをお願いします
A:猛暑でやりにくい面はあったが、投手がよく投げてくれ、得点も挙げられたので試合運びとしてはうまくいった。

Q:投手について
A:自分なりに考えての投球で、任せている。

横濱マリーンスターズ 井上 慎 監督 (小泉昌司 より)

Q:1年ぶりのリーグ復帰とお聞きしましたが?
A:久しぶりということで気合は入っていたが、好調のSWATS相手でテンポの良い試合展開に持ち込まれて
自分たちのペースにならなかったのが悔いが残りました。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る