SWATS初回大量得点、4回コールド勝ち!

bismarck  vs SWATS (4-14)

2018年7月16日 大泉中央公園野球場

担当:小塚芹菜・清水宏美  撮影:Taka



1回表bismarckの攻撃。先頭打者が安打で出塁し、その後打線を繫げ、2点を先制した。しかし、その裏SWATSの攻撃。四球やエラーでランナーを溜め、3番 田中選手の三塁打や4番 中島裕人選手のライトへの大きなホームランなどで11点の大量得点をした。bismarckは3回表で2点を返したが、SWATSが3回裏に1点、4回裏には2点を得点し、4回コールド勝ちとなった。

◾️初回に先制したbismarck

初球から積極的に打ちに行きセンター前ヒットで出塁した。死球でランナーが出塁し、4番 西野選手、6番 森脇選手の安打で2点を先制した。

◾️継投で抑えた投手陣

SWATSはエースが怪我で投げられない中、攻撃で良いリズムを作り、先発の中島裕人投手は2回を三者凡退で抑え、4回に登板した中島雅人投手も無失点で抑える好投を見せた。



試合後インタビュー

SWATS 中島裕人 選手 (小塚芹菜 より)

・2ホーマーを打った時のそれぞれの打席での気持ち
1本目はピッチャーとして投げていて不安定だったので自分を楽にしたいという気持ちで長打を狙っていた。2本目は相手ピッチャーが良いカーブを持っていたのでストレートを狙っていて初球にストレートが来たので打った。

・喜びのコメント
3連休の終わりだったので気持ちよく来週からお仕事にも迎えられると思う。

SWATS 田中駿太 監督 (小塚芹菜 より)

・今日の試合の勝因
初回に2点取られてなかなか初回の入りとしては難しかったがその裏の攻撃に相手のミスに漬け込んで10点以上取れたので2回以降は楽な気持ちで試合に運べた。

・継投について投手陣に一言
いつも投げている投手が怪我をして投げれなく、その穴埋めとして2人がよく投げてくれた。

bismarck 小松 真之 監督 (小塚芹菜 より)

・今日の試合の良かった点と反省点
良かった点
1回の攻撃で1番バッターから出塁できて2点先制できたところが良かった。
反省点
1回裏の大量失点。暑さにフランス出身の先発のピッチャーが暑さに弱くて、暑さにやられてしまった。たまにとれたアウトも周りがしっかり取りきれてあげられなかったところ。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る