SWATS先制点を守りきりIshidenに完封勝ち

ishiden vs SWATS (0-3)

2018年6月24日 大宮けんぽグラウンド

担当:小泉昌司  撮影:菊地 尚哉



1回裏に3点本塁打で得た得点を、松尾投手がIshiden打線を散発3安打に抑えて完封勝ちを収めた。

【SWATS神戸選手の3点ランニングホームラン】

1回裏二死から安打と四球で得たチャンスに5番神戸選手が鋭いライナー性の当たりで左翼手の脇を抜ける打球が
広い左翼グランドを転々とする間に懸命に走り、本塁を踏む3点本塁打で先制点を挙げた。

【SWATS松尾投手3安打に押さえて完封勝ち】

切れの良い変化球を見せ、Ishiden打線から7三振を奪う好投を見せた。
最終回この試合初めての四球を与えてしまったが、後続を打ち取り完封で勝利した。

【Ishiden小林投手の好投に応えられず】

1回以外の投球は安定しており、守備陣も失策わずか1という数字を残したが、打線が繋がらず惜敗した。



試合後インタビュー

SWATS 神戸康輝 選手 (小泉昌司 より)

ヒーロー インタビュー
Q:打った手応えは
A:サードライナーかと思ったが、抜けてくれたので一生懸命走りました。

SWATS 田中駿太 監督 (小泉昌司 より)

Q:今日の振り返りは
A:開始前の雨で投手は、調整が大変だったと思うが四球も少なくよく投げてくれました。

ishiden 石川和希 監督 (小泉昌司 より)

Q: 今日の振り返りは
A:今までで初めてといっていいくらい良い守備を見せたが、打線が繋がらず、投手に応えられなかった。
年間の試合数が少ないので、たまたまだったのかなと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る