SWATS小刻みに加点してBroad Appealのデビュー戦にきつい洗礼

Broad Appeal  vs SWATS (2-6)

2018年6月24日 大宮けんぽグラウンド

担当:小泉昌司  撮影:菊地 尚哉



SWATSは2,3,5回にそれぞれ1点、6回には3点を加えリードを拡げて楽勝かと思われたが、
最終回安打と四死球で迎えたピンチに失策が絡んで2点を献上し、零封はならなかった。

【SWATSのチャンスに強い打線】

挙げた6点中5点は走者を暴投や盗塁で進め、適時打に繋げた。
5回の攻撃では一死三塁の場面で1-2のカウントから前進守備の相手に対して、ランアンドヒットをかけ、
見事に走者を生還させた。

【SWATS阿出川投手の好投】

4死球とコントロールに難を見せたが、要所を締める投球で、6回まで零封してきたが、
7回には失策も絡んで2点を許した。

【Broad Appeal Gリーグデビュー戦を飾れず】

佐藤投手は走者を背負うと、外角の制球に難があるようで5個の暴投を記録し、
それがすべてが失点につながってしまったのが課題となった。
攻撃陣も相手投手の出来がよかったこともあったが、打力の向上が望まれる。



試合後インタビュー

SWATS 阿出川龍一 選手 (小泉昌司 より)

ヒーローインタビュー

Q:投球の振り返り
A:三者凡退は取れなかったが、要所を締めた投球ができた。
Q:最終回は?
A:変化球が入らずに苦労したが、最後三振で締めることができた。

SWATS 田中駿太 監督 (小泉昌司 より)

Q:今日の振り返り
A:走者を暴投などで進めて、適時打で返せることができ、選手それぞれの役割を果たしてくれた結果でした。
投手は今日の暑さの中よく投げてくれたと思う、最後まで抑えきることを今後の課題としたい。

Broad Appeal 河原 剛 監督 (小泉昌司 より)

Q:今日の振り返りは
A:投手は頑張ってくれたが、いろいろな要因で小刻みに失点してしまう展開となってしまった。
練習不足の面はあるが、打撃力の向上を図っていきたい。

Q:リーグに参加しての心意気
A:Gリーグは調整の効くシステムで、今日のような上位チームとも対戦できて今後やっていける感触は得られた。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る