bismark 打線が爆発しアルビレックス蒲田に快勝

bismarck  vs アルビレックス蒲田 (10-3)

2018年5月26日 城北中央公園野球場

担当:鏡尚樹  撮影:清水宏美



Bismarkは1回表、無死2、3塁で富岡選手がタイムリー2塁打を放ち2点先制。さらに小原選手と佐々木選手がタイムリーで4点を先制する。直後の1回裏、武藤選手のタイムリー2塁打とワイルドピッチで2点を返す。

2回表、bismarkは西野選手が2点タイムリーヒットを放ちすぐさま突き放す。

3回裏、アルビレックス蒲田は無死満塁と絶好のチャンスを作るものの、吉田選手の内野ゴロの間の1点にとどまる。

4回表、bismark佐々木選手が2点タイムリー2塁打を放ち2点を追加。bismarkは毎回得点で2桁得点を重ね快勝した。



試合後インタビュー

bismarck 西野アラン満レダ 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー

Q先発として好投しましたが、ピッチングの調子はいかがでしたか

A序盤はボールが高めに行ってストライクが取れませんでしたが、途中からうまく修正して低めに集めることが出来てテンポよく投げられたと思います。

Q打撃のほうはいかがでしたか

Aヒットは合計で2本、長打はありませんでしたが泥臭くチャンスで打てて良かったです。

Qこれからの試合に向けて一言お願いします

A皆が力をつけて順位を上げていければと思いますので今後ともよろしくお願いします。

bismarck 佐々木 達哉 監督 (鏡尚樹 より)

Q大量点を取りましたが、打撃の内容はいかがでしたか

Aノーヒットの打者を皆で応援して初ヒットが出るというようにチームの雰囲気もよく打線もつながりました。

Q鋭いゴロでエラーを誘うなどどの打者もバットが振れていたのではないでしょうか

Aかなりバットが振れていましたし、惜しい打球もありましたがつながったので、次回もこの流れで頑張りたいです

Q投手陣についてはいかがですか

Aけが人がかなり出ていて、投手も試合ごとに変わる状況でしっかりエラーも少なく抑えてくれたので良かったです。

アルビレックス蒲田 吉田佳祐 監督 (鏡尚樹 より)

Q走者3塁等チャンスの場面が多かったですが、なかなか得点できませんでしたね

A僕の責任です。

Qチャンスを作ることはできていたので、プラスに考えてみて良いのではないでしょうか

A今まで意地で「4番キャッチャー俺」ってやってきましたけど、そろそろ潮時かなと思いました。次回は8番キャッチャーくらいで行こうかなと思っています。

Q投手陣で、2番手の武藤投手はよい球を投げていたのではないでしょうか

A強力助っ人なので毎回は来れないですね。その前の田崎をいかに立ち直させるかが課題ですね。彼も途中で気持ちが切れてしまったので、キャッチャーとしてさっポートして上げられたらなと思いました。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る