SWATS 神戸選手が投打で活躍し強敵に勝利

芝中おーたず  vs SWATS (1-4)

2018年5月19日 大宮けんぽグラウンド

担当:鏡尚樹  撮影:Yas Awaji



初回、SWATSは田中選手と阿出川選手の連打で2死2.3塁のチャンスを作る。続く5番の神戸選手が3ランホームランを放ち3点を先制する。4回表、芝中おーたずは吉澤選手がチーム初安打を放ち無死1塁の状況を作る。しかし続く大屋選手が放った打球はセカンドゴロ。4-6-3とわたりダブルプレー。数少ないチャンスを逃した。おーたずは6回に1点を返すも、SWATSの神戸選手にタイムリーを浴び再び点差を広げられた。試合は結局4-1でSWATSが勝利。SWATSの神戸選手は7回12奪三振。打っては本塁打を含む2安打3打点の活躍で勝利に貢献した。



試合後インタビュー

SWATS 神戸康輝 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー

Q初回のホームランを振り返ってください
Aチャンスの場面で逆方向を意識していましたが、それが思い通りいったのではないかと思います。

Qピッチングの調子は良かったですか
A全九種のボールがまとまっていたのでよかったです。

Qこれからの試合に向けて一言お願いします
A打撃で貢献できるのはあまりないと思いますが、ピッチングのほうで試合を作れるようにしたいです。けん制のミスや四球がありましたしそのような点をなくしていきたいです。

SWATS 田中駿太 監督 (鏡尚樹 より)

Q初回に点を取りましたが、その攻撃について振り返ってください
A 2死からランナーを出して、5番が一本打ってくれたので初回3点取れたのは大きいですね。

Q初回は、ランナー1塁の場面でヒットが出て2.3塁の状況を作ったところは走塁も非常にレベルが高いと思ったのですがいかがでしたか
A盗塁をテーマにしていたので、それを絡めてうまくバッターが打ってくれたと思います。

Q投手はいかがでしたか
A実質エースなのですが、打撃でもチームを引っ張ってくれているので、周りも守りやすかったと思います。

Q守備面はほぼ完ぺきで、ダブルプレーも取りました。いかがでしたか
Aランナーが出たところで、次のバッターでランナーを刺せたというところはチームにとって大きかったと思います。

Q今後の試合に向けて一言お願いします
A今日のような勝ち方ができればどの相手でもいい試合ができると思うので、内容にこだわって試合をしていきたいです。

芝中おーたず 高橋和希 監督 (鏡尚樹 より)

Q相手投手の調子が非常に良かったですが、チームで何か対策はされましたか
Aコントロールが良かったので、初球から降りに行こうという話はしていました。

Q 4失点しましたが、試合自体は締まっていたのではないでしょうか
A 4失点のうち3失点は僕のミスなので、そのミスがなければ試合展開も変わっていたのかな

Q今後の試合に向けて一言お願いします
Aミスがないように楽しく野球をやります。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る