三郷メディックス対bismarck 1点を争う好試合は引き分けに

bismarck  vs 三郷メディックス (5-5)

2018年5月20日 江戸川第3野球場

担当:小泉昌司  撮影:Taka



先攻のbismarckは1回表2点を先制、後攻の三郷メディックスは、その裏、満塁のチャンスに2安打で4点を奪って逆転。2回bismarckが3点を挙げ再逆転。
その後、決定打が出ないまま試合は進んだが、6回裏三郷メディックスが1点を奪って引き分けに持ち込んだ。

◾️bismarck追加点を奪えず

先攻のbismarck2回までに6安打を集中させて、5点を奪ったが、3回以降は1安打に抑え込まれた。4回に2つの四死球で一死1,2塁の好機で追加点を奪えなかったのが惜しまれる試合でした。

◾️三郷メディックス土壇場で同点に追いつく

三郷メディックスは逆転されたあとも、毎回走者が塁を賑わしたが決定打が出ず、最終回は無死1,2塁でbismarckの2番手投手の変わり端に犠牲バントを決め、二死から7番尾上(一)選手が左翼に同点打を放ち引き分けに持ち込んだ。

5回から登板の迎投手は2イニングを三者凡退で退け、試合の流れを変えるきっかけとなった。



試合後インタビュー

bismarck 小原 貴 監督 (小泉昌司 より)

エラー絡みの失点が多かったので、アウトを一つずつ丁寧にとっていきたい。

三郷メディックス 加藤亮祐 監督 (小泉昌司 より)

打撃戦の様相を見えた序盤だったが、投手の落ち着きとともに点が入らなくなるという試合展開だった。
走者を確実に進めていく、ゴロ打ちを心掛けた攻撃をしていきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る