序盤に流れ作ったbismarck、二桁得点で3連勝!

NETS vs bismarck (7-13)

2018年3月10日 大田スタジアム

担当:吉田 将来  撮影:松川 達也



大田スタジアムで行われた一戦。序盤から毎回得点を記録したbismarckが、13-7でNETSを下し3連勝を飾りました。

◾️大量得点を演出したbismarck 1番佐々木&4番西野

この日、8安打13得点という攻撃を見せたbismarck。その中心となったのはbismarck1番佐々木選手と4番西野選手。佐々木選手は3出塁、第3打席には左中間へ2点タイムリーを放ち、西野選手は2回に先頭打者としてレフトオーバーのスリーベースヒットで出塁。豪快な一打でチームを勢い付けました。

◾️攻撃のリズムを作ったbismarck先発秋山の6人斬り

この日、bismarckの先発マウンドに上がった秋山投手は、初回からストライク先行のテンポの良いピッチングで、チームのリズムを作ります。2回を投げ、わずか22球で打者6人をパーフェクトに抑えました。

◾️NETS大森の反撃の一打から一挙7得点

序盤からbismarckにリードを許す展開のNETSでしたが、4回にチームを牽引する大森選手のヒットから反撃開始。ライトへのしぶといヒットで出塁すると、打線が繋がります。続く3番松谷選手が右中間を破るスリーベースヒットで、一塁ランナーの大森選手は一気にホームイン。その後も、5番佐藤選手のタイムリーなどで、7得点のビッグイニングを作りました。



試合後インタビュー

bismarck 佐々木 達哉 選手 (吉田 将来 より)

– 第3打席のタイムリーはお見事でした。あの打席は何を考えていましたか
「満塁だったので初球からどんどん行こうと思っていました。しかしスピードがあまりない投手だったので引きつけてショートの頭を狙って打ちました。」
– 今後に向けて抱負をお願いします
「最近は上り調子できているので、全勝でいきたいと思います!」

bismarck 小原 貴 監督 (吉田 将来 より)

– 本日の試合の攻撃面からお願いします
「全員しっかりスイングできたと思いますが、ポイントを前にしすぎてフェアゾーンに飛ばなかったので次回はセンター方向の意識を持ちたいと思います。」
– 守備面はいかがでしたか
「ゲッツーを取れる箇所もありましたがエラーが出てしまったので守備は丁寧にすべきだと思いました。」
– 次戦に向けて抱負をお願いします
「打撃はセンターから逆方向を意識し、守備では1つ1つアウトをしっかり取りたいです!」

NETS 大森義之 監督 (吉田 将来 より)

– 4回の猛攻はお見事でした。打線がつながった要因は何かありますか
「先週から試合を始めまして、皆体が動くようになってきて、7点を取ることができたのでなんとかコールドは逃れましたね。」
– 他に次戦につなげたいことはありますか
「また練習して試合をしていきたいと思っているのでG-LEAGUEさんよろしくお願いします。」
– 4回の猛攻はお見事でした。打線がつながった要因は何かありますか
「先週から試合を始めまして、皆体が動くようになってきて、7点を取ることができたのでなんとかコールドは逃れましたね。」
– 他に次戦につなげたいことはありますか
「また練習して試合をしていきたいと思っているのでG-LEAGUEさんよろしくお願いします。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る