オフィスバンク奈佐 1球目ドーンの柵越えHR!!

チンプイ vs オフィスバンク (1-13)

2018年2月17日 大泉中央公園野球場

担当・撮影:清水宏美



初球から歓声があがったオフィスバンクベンチ。先頭の奈佐選手が1球目をホームランでレフトオーバーの柵越え。その勢いに乗って初回6安打のビックイニング。3回にはこの試合の勝利投手のなる長倉選手もレフトオーバー柵越えで2発目のホームラン!好調な打撃がチンプイを4回コールドで下した。



試合後インタビュー

オフィスバンク 奈佐晃 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー本日は見事な成績でした。初回、初級いきなりホームランが飛び出しましたが、狙ってらっしゃったんですか?
そうですね、初球から行くことによってチームに勢いがつくかなと思って。ホームランは狙ってなかったんですけど、ミートしてしっかり打球を打つってことは意識していました。

ーご自身の打撃の持ち味を教えてください。
積極的に初球からどんどん行けるところかなと思っていて、甘い球だったりとかをしっかり打ち損じないで打てているということはいいことかなと思うので、引き続きチームの切込隊長として勝利に貢献したいと思います。

ー持ち味がで出た試合でした。ありがとうございました。
ありがとうございました。

オフィスバンク 長倉翔太 監督代行 (清水宏美 より)

ー今日、見事コールド勝ちおめでとうございます。
ありがとうございます。

ー勝因を教えてください。
勝因は、ひとりひとりが今日に向けて準備を進めてきたことが大きかったんじゃないかなぁと思ってます。

ーどんな準備をされてたんですか?
野球を久々にこのチームでやることになったので、今日に向けて、みんなほんとに燃えたぎっているような感じだったんですけれども、できることで素振りをやったりだとか、キャッチボールしたりだとか、その辺が個々人でできたんじゃないかなと思います。

ーその中で、打線も今日非常に好調でしたが、最近のチームの調子はいかがでしょうか?
チームの調子ですね、去年に引き続きまだ負けなしでこれてるんで、その余韻じゃないんですけれども流れで1勝目勝てたんじゃないかなと思っています。1番バッター初回からホーム団が出て、それがいい流れで4回まで繋がったんじゃないかなと思っています。

ーありがとうございました。
ありがとうございました。

チンプイ 吉澤俊明 監督 (清水宏美 より)

ー本日の試合を振り返って、良かった点と反省点を教えてください。
今日は最初から相手チームが強そうな感じだったので、自分の目標としては1点は取ろうと思っていたのが、1点とれたので、そこは良かった点だと思います。悪かった点としては、守備いくつかエラーがあって、打たれたのはしょうがないと思うので、守備の面ですね。

ーありがとうございます。
ありがとうございます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る