両チームが毎イニング交互に盛り上がる!?稀に見るシーソーゲームの行方は

チンプイ  vs e-Pirates (7-7)

2017年12月16日 大井埠頭中央海浜公園野球場

担当:吉田将来  撮影:Yas Awaji



この日が2017年最終戦となるチンプイとe-pirates。良い形で締め括ろうと両チーム気合十分の中、プレイボールの声が掛かる。

《草野球で一番面白い試合展開は?》

投手戦?打撃戦?どちらも面白いが、あえて言うならば、「シーソーゲーム」ではないだろうか。
この日の試合はまさにシーソーゲーム。それも、稀に見るシーソーゲームであったといえよう。
1回ウラから、0-2、3-2、3-4、6-4、6-7と、毎イニングリードしているチームが盛り上がる。
草野球の主役は、何と言ってもプレーをする選手たち。この試合では、両チームが攻撃のイニングで交互に点を取り、逆転し、両ベンチが交互に盛り上がる。それが毎回のように続く。活気溢れる試合展開であった。

《草野球で一番面白い試合展開は?》

そんな稀に見るシーソーゲーム、好ゲームの立役者を3選手挙げるとすれば、この選手。

・チンプイ 小林選手
2点の先制を許し、迎えた2回表。打席に入った3番の小林選手の痛烈な打球は、センターへのヒットに。このヒットからチャンスは広がっていき、この回3点を上げ逆転。次の打席でもクリーンヒットを放ち、またも逆転を演出した。

・e-pirates 佐方投手
同点で迎えた最終回。プレッシャーのかかる場面でマウンドに上がった佐方投手。そのプレッシャーを物ともせずに、力のこもったストレートで、テンポ良くバッターを抑えていき、見事に重要な最終回を0点に抑えた。

・チンプイ 中島選手
最終回からキャッチャーに入った中島選手。持ち前の明るさでチームを牽引。ツーアウト1、2塁までサヨナラのピンチが広がるも、慌てずにマウンドのピッチャー、そして守る野手に声をかけて緊張をほぐしていき、3人目の打者を打ち取った。



試合後インタビュー

 チンプイ 吉澤俊明 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「それなりに打てて、それなりに守れて、点は結構取られましたけど、点も結構取れたので、良かったかなと思います。」

ー今日のチームMVPは?
「ピッチャーの志村が、新ボールを初めて投げるという形だったんですけれども、良い感じで変化球も投げれてたので、これから上手くいくんじゃないかなと期待が持てました。」

ー新軟式Mボールはいかがでしたか?
「握りやすく、投げやすいかなと思います。慣れは少し必要ですが。」

ー来季に向けて抱負を一言
「一勝します!」

e-Pirates 中川哲雄 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「ピッチャーが悪かったですね、4回までの(笑)」

ー今日のチームMVPは?
「最終回にツーアウトからヒットで塁に出た、4番の下川ですかね。一番盛り上がっていました。」

ー新軟式Mボールはいかがでしたか?
「打球の跳ねも少なく、滑らないのでピッチングでも投げやすかったです。」

ー来季へ向けて抱負を一言
「チンプイさんとまたやりたいです。良い勝負でしたので。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る