芝中おーたず 接戦で今年の最終戦に勝利する

芝中おーたず vs 前野GOTTSU (3-2)

2017年12月10日 富士見公園野球場

担当:小泉昌司  撮影:知念駿太



試合の立ち上がり、相手外野手の失策と内野安打で得たチャンスに4番杉浦、6番根本が適時打を放って2点を先制、2回には相手投手の暴投で1点を追加して3点をリードした。
追う前野GOTTSUは2回裏コントロールを乱した相手投手から四球4つと失策、暴投で2点を返したが、3回以降は両チームとも得点を上げられずに芝中おーたずが1点差を守り切って勝利した。

◾️芝中おーたず 継投策が功を奏する

1点リードでマウンドに上がった吉田選手は3イニングで2本の安打を許したものの、三振3つ無四球で味方の好守もあって勝利投手の権利を得た。

◾️前野GOTTSU 好機で適時打が出なかった

2回の攻撃で4つの四球をもらいながら、ヒットが出ずに2点どまり、5回にも二死から連打で1,2塁と走者をためたが、期待の4番米澤選手が捕飛に打ち取られ適時打ゼロで追いつくことができなかった。



試合後インタビュー

芝中おーたず 吉田将来 選手 (小泉昌司 より)

ヒーローインタビュー

-ご感想は?
打たれることが多かったが、今日はすんなりと投げられたのがよかった。

-新規格のボールについて?
ツーシームが思いのほか曲がらず、スライダーの切れが良く投げやすい感じです。

芝中おーたず 本橋穂乃香 監督 (小泉昌司 より)

-試合の振り返り?
良いところ悪いところ含めて、守備が安定していたのが勝因と思います。

-今年を振り返って?
ここまで勝ち負けがイーブンだったので、勝てて貯金を持って年を越せるのがうれしい。

前野GOTTSU 米澤龍亮 監督 (小泉昌司 より)

-試合の振り返り?
個人的にチャンスで打てずに、投手に申し訳なかった。

-今年を振り返って?
リーグ参加の初年度で仲間を増やすことができて良かった。
来年は上位に食い込んでいきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る