VICCESS逃げ切りならず、Bismarckと引き分け

VICCESS  vs bismarck (5-5)

2017年10月9日 赤塚公園野球場

担当:清水宏美  撮影:知念駿太



■VICCESS4番柏崎の2打点で5-0の大リード

相手のフォアボールも活かしつつ3番高橋選手のタイムリーで先制したVICCESSは、2回表、4番柏崎選手の左中間ヒットで2打点、6番永田選手のヒットで1打点、5-0と大きくリードをする。

■三回裏の攻防戦

追いかけるBismarckはまず三回裏にチャンスを作る。二死一三塁から3番富岡選手のタイムリーで1点を返し、その後4番田井能選手がレフトオーバーの大きなヒットを放つ。2点追加かという場面、VICCESSショートの高橋選手のナイス中継で2人目のランナーがアウトになり、1点追加で食い止める。

■Bismarck逆転ならず

打線が温まったBismarckは五回裏でも繋いでチャンスを作理、3番富岡選手のレフトオーバー2ベースで2点追加。逆転を射程距離に収める。六回表のVICCESSの攻撃を三者凡退に抑え、勝負の六回表。またもや長蛇で8番前山選手がランナーを返しついに同点!しかしその後が続かず、引き分けで終了となった。



試合後インタビュー

VICCESS 青山佳広 監督 (清水宏美 より)

ー本日引き分けとなりましたが、振り返ってみていかがでしょうか?
序盤5点リードして優位に進めてはいましたけど、勝てなかったですね。

ー終盤以降、なかなか1本欲しいのが出なかった感じですかね。
そうですね。2回以降ヒット出た?出てないと思うんだけど。まあ、追い込まれて三振というパターンも多かったし、最初のフォアボールで点をもらっただけ。まあ後1本大きいのが出たけど、それくらいだったんで、後半も1点・2点とりたかったですね。

ー良かった点だと、特に守備でナイスプレイも目立ったと思うんですが。
大きいの打たれて中継でアウトにしたプレイなんかは、高橋がよく投げてくれましたけど、他の守備ももう少しでアウトにとれるところをとれなかったりとか、そういうところがちょっと失点に結びついちゃったんで、もうちょっと締まっていきたかったですね。

ーそれを活かして次の試合も頑張ってください。
はい。

ーありがとうございました。
ありがとうございます。

bismarck 森脇 弘樹 監督 (清水宏美 より)

ー惜しい試合でしたが、振り返ってみて良かった点を教えてください。
良かった点は、最初に先制されてしまったんですけども、5-0から追いついて最後惜しいところまでいったというのは、チームとしては最後まで一致団結して試合できたかなと思います。

ー反省点があればお願いします。
反省点は、最初に点を取られてしまうというところと、中国から凱旋帰国した助っ人が無安打で終わって締まったということが、チームの反省点かなと思いますので、中国から凱旋帰国の選手については、中国で2ヶ月間トレーニングして、帰ってきてヒットを打って、次の試合は勝ちたいと思います!

ーはい、わかりました。ではその中国から凱旋の選手の方にもエールを送って終わっていただければと思います。
中国で大変だと思うけど、頑張ってこい!!!!!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る