チャンスをモノにしたのはRedsか三郷メディックスか

Reds vs 三郷メディックス (2-2)

2017年10月8日 大宮けんぽグラウンド

担当:鏡尚樹・小川 璃紗  撮影:Yas Awaji



<チャンスをモノにしたのはRedsか三郷メディックスか>

Redsは初回、先頭打者を敵失により出塁させいきなり無死三塁のチャンスを作る。内野ゴロの間にホームインし1点を先制する。直後の三郷メディックスは尾上選手が死球で出塁。三塁まで進むと、捕手の送球間にホームスチールを決め同点に追いつく。しかし二回表、三郷メディックスはワイルドピッチにより1点を献上する。勝ち越されたメディックスは3回裏、二死三塁のチャンスで先ほどホームスチールを決めた尾上選手が同点タイムリーを放ち追いついた。その後両チーム再三チャンスを作りながらモノに出来ず引き分けに終わった。

文:鏡尚樹

<両チーム得点のチャンスを生かしきれず2-2引き分け>

この試合は、両チーム多くの得点のチャンスに恵まれながら、あと一歩のところで得点することができず、引き分けという結果で終わった。
Redsは初回、相手のエラーで出塁したランナーの内野ゴロ間の1点を取り、2回には四球から出たランナーが得点するも、その後は3回得点圏にランナーを進めるもあと一本が出ず、試合序盤の2点のみとなった。
三郷メディックスも初回、相手のバッテリーエラーを突き1点を返す。3回には四球で出塁したランナーを送り、バント、盗塁で3塁まで進み、3番尾上選手がタイムリーヒットを放ち同点に追いつく。その後は毎回ヒットや四球でランナーを出すもチャンスを得点に変えることができず、2-2の同点で試合終了となった。

文:小川 璃紗



試合後インタビュー

三郷メディックス 加藤亮祐 監督代理 (小川 璃紗 より)

Q. 今日の試合を振り返って、良かった点悪かった点を教えてください
A. 良かった点は、結構ピンチが再三があったんですけど、なんとか守りが引っ張ってくれて最少得点で抑えられたというのが大きかったと思います。ただ、悪かったのは逆にチャンスを生かせなかったというか、自分も全然チャンスで打てなかったので次につなげていきたいと思います。
Q. 試合中何度も得点のチャンスがあったと思いますが…
A. 結構1アウトで得点圏の場面が何度かあって、無得点というのがあったので、ただ打つだけじゃなくて、ちょっとスクイズなり作戦で点を取れるようにこれからしていきたいと思います。

Reds 鈴木悠介 監督 (鏡尚樹 より)

Q.引き分けでした、終盤にかけて勝ち越しのチャンスがあったと思いますが
A.1.2塁や2.3塁を作ることができましたが、相手投手のコントロールが良くあと一本が出ませんでした。今回はフライばかりでしたがチームバッティングで点を取りたいです。
Q.無死1.2塁などはバントのサインなどは無く自由に打たせるチームでしょうか
A.バントはさせず好きなように打たせる方針です。バントするより走者を走らせることを意識しています。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る