息をのむ展開、先制点はどちらに、、

VADERS vs 三郷メディックス (1-3)

2017年10月8日 大宮けんぽグラウンド

担当:鏡尚樹  撮影:Yas Awaji



三郷メディックス先発は関川投手、VADERSは浦川投手で始まったこの試合。序盤は両チームチャンスを作るものの決め手を欠きスコアボードに0が並ぶ。試合が動いたのは5回裏、三郷メディックスは連打で一死満塁のチャンスを作り打者は小野選手。タイミングは合っていなかったがボールをしっかり選び押し出し。先制点をもぎ取る。続く打者のところで松永選手が代打で送られ、見事タイムリーを放ち3点を先制する。直後の6回表、二死から浦川選手が二塁打で出塁し、続く石井選手がタイムリー三塁打を放ち1点を返す。その後四球と盗塁で二死から二三塁と一打同点のチャンスを作るが続かなかった。傾きかけた流れを渡さなかった。最終回は今野投手がしっかりとしめ三郷メディックスが接戦を制した。



試合後インタビュー

三郷メディックス 松永脩志 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー
Q.先制点を取ったあと代打での出場でした。狙い球などありましたか
A.甘い球が来たら打とうと思いました。
Q.スタメンではありませんでしたが、行くぞということを監督さんから言われていましたか
A.コーチャーやっていましたが急に言われました。

三郷メディックス 今野雄太 監督 (鏡尚樹 より)

Q.序盤は拮抗した試合、5回に満塁で小野選手。タイミングは合っていませんでしたがしっかりボールを選びましたね
A.彼はもともとサッカー部でキーパーをやっていたので、ボールの判断が生かされたと思います。
Q.次の代打松永選手は、急に行けと言われたらしいですが結果を出しました
A.まっちゃんは必ず打ってくれると思ったので、どんな状況でも心の準備は出来ていたのかなと思います。
Q.3人の継投でしたが全員がしっかり役割を果たしました
A.最後は自分が打たれてしまいましたが、エラーが無くしっかり守備から流れを作れました。

VADERS 安見政明 監督 (鏡尚樹 より)

Q.序盤から締まった試合展開。5回だけであとは完璧でしたね
A.私がトイレに行ってしまって、流れを切ってしまったので今日は私の責任です。
Q.打撃陣に関しても、あと一本はでなかったでしょうか
A.相手の継投でなかなか的を絞れなかったと思います。
Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.今回はヒットがあまり出なかったので次回はヒットが出るように頑張ります。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る