武蔵野サイドウォーカーズ再逆転で対三郷メディックス3勝目!

武蔵野サイドウォーカーズ vs 三郷メディックス (4-3)

2017年9月24日 大宮けんぽグラウンド

担当・撮影:清水宏美



■武蔵野サイドウォーカーズ 4番吉原の先制・同点打

先制したのは一回表武蔵野サイドウォーカーズ。4番吉原選手のタイムリーライト前ヒット。しかし、その裏、すかさず三郷メディックスが3番山崎選手の一塁線際すれすれのホームランで逆転する。再逆転を目指す武蔵野サイドウォーカーズは、三回表で先制点の吉原選手が、センターオーバーのタイムリー2ベースを放ち同点に追いつく。

■ピンチを切り抜け武蔵野サイドウォーカーズ、勝ち越し

三郷メディックスの再度の勝ち越しのチャンスは三回裏に訪れる。二死ランナー二三塁。しかしここで武蔵野サイドウォーカーズの中村投手が三振をとり、流れを取り戻す。そのまま四回表、武蔵野サイドウォーカーズ2番田宮選手の犠打を含む2点の追加点で再逆転。

■三郷メディックス追いつきならず

再び追いかける三郷メディックスは最終回となった五回裏も最後まで諦めない。先頭の北嶋選手がシングルヒットで出塁し、3番山崎選手が本日2本目のタイムリーヒットで返す。しかし、その後、武蔵野サイドウォーカーズ中村投手がきっちり奪三振で抑え、ゲームセット。武蔵野サイドウォーカーズの勝利となった。



試合後インタビュー

武蔵野サイドウォーカーズ 吉原 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー三回表、同点打となるセンターオーバーのヒットを打たれました。どのような気持ちで打席に入りましたか?
1打席目随分タイミングが早かったというか待ちきれなかったので、もう1テンポくらい遅めのイメージで打席に入りました。

ー当たった瞬間はどんな気持ちでしたか?
インコースだったと思うんですけど、うまく腕を畳んで打てました。センターにとられるかと思ったんですけど、割と飛んでくれたのでよかったですね。

ー見事同点打となりそのあと追加点が入り、見事勝利となりました。喜びのコメントで締めてください。
個人的には仕事したなというか(笑)。チームも勝てたので、大満足でした。

ー4番の仕事でした、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

武蔵野サイドウォーカーズ 本土雄大 監督 (清水宏美 より)

ー今日は逆転からの逆転でしたいかがだったでしょうか?
はい、もう、メンバーが打ち返してくれると信じていましたので、しっかり期待に応えてくれて嬉しいです。

ー三郷メディックス様とは3戦目でしたが、振り返ってみてどうでしょうか?
すごくうちといい試合をいつもしてくれるので、楽しみにしていました。今後もどんどん試合をしましょうという風にお話ししていただきましたので、また今後もたくさん試合を組んで、一緒にレベルアップしていきたいと思います。

ーありがとうございました。お疲れ様です。
ありがとうございます。

三郷メディックス 今野雄太 監督代行 (清水宏美 より)

ー最後惜しかったですが、いかがでしたか?
今回が3回目の対戦ということでどうしても勝ちたかったんですけど、細かいミスで負けてしまって悔しいですね。

ー良かった点と悪かった点を教えてください。
まず悪かった点は、細かいミス、エラーのつかないエラーを作ってしまったことかなと思います。良かったところは、最後まで声出してできたのが良かったかなと思います。

ー4戦目があったら4戦目に向けて、意気込みをお願いします。
次は勝ちます。絶対勝ちます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る