大量得点ジャンキーズB!

bismarck vs  ジャンキーズB (3-14)

2017年8月26日 三鷹市大沢総合グラウンド

担当:清水宏美  撮影:知念駿太



デビュー戦、エース不在のBismarckは、竹田投手・西野投手が一回二回を投げるが、制球が定まらず、多くの四球を与えてしまう。ジャンキーズBは、溜まったランナーをタイムリーで適宜返し、二回には荒木選手のホームランも出て、大量リードを広げる。ジャンキーズBは三回表、レフトフライからのホーム送球でダブルプレーも魅せ、Bismarckの追い上げを許さない。Bismarckは三回から投げた秋山投手が無失点で抑えたものの、差を縮められず、ジャンキーズBの快勝となった。



試合後インタビュー

ジャンキーズB 荒木英夫 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ーホームランの打席、ファールボールでカット後の当たりでした。狙っていた球はありましたか?
カットではありません。振り遅れです。思ったより相手投手の球が早くて前に飛ばせませんでした。
三球目はストレートを狙って、変化球が来たら三振でもしょうがないと考えてスイングしました。

ー三塁線ギリギリの際どいラインへのいい当たりでした。打球は狙い通りでしたか?
センターを狙っていますのでねらいどおりではありません。前の二球に比べて遅い球が来たので三塁線に飛びました。いいところに飛んでくれてラッキーでした。

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (清水宏美 より)

ーお疲れ様でした。良かったプレイをお伺いします。攻撃から教えてください。
序盤、フォアボールで大きく点をもらったんですけど、その後、フォアボールでチャンスをもらいながらきっちり一本出せたというところが攻撃の良かったところです。守備は、終盤ちょっと点取られている時に、ノーアウト一三塁でレフトからのタッチアップ。きっちり直線でストライクボールで返ってきて、ダブルプレーになったんで、あれはうちのやりたいプレーの一つなので、とても良かったと思います。

ーはい、ありがとうございました。

bismarck 小澤 脩人 監督 (清水宏美 より)

ー今日デビュー戦お疲れ様です。
はい、お疲れ様です。

ー今日の試合、良かった点から教えてください。
良かった点は、まず初戦こうやってみんなの力のおかげでなんとかこぎつけれたということが一番良かったと思っています。ほとんど会社の同期で結成されているんですけれども、人は多いんですけれどなかなか野球をやっている人が少なくて、みんなで野球やっている人をかき集めてここまで持ってこれたということが、まず今日の成果かなと思ってます。

ー試合終わって、課題/反省点が見つかっていたら教えてください。
みんなが何ができるかというところが、練習をまだ3回くらいしかやっていないので、これから適材適所でメンバーの良いところをしっかり引き出せるチームになっていければなと思っています。

ーリーグデビューしたということで、これからの意気込みで締めてください。
まずは次の試合勝てるように、チームメンバーで今日の反省点を活かせるように、社会人なので(笑)ちゃんと次にブラッシュアップしていけるように頑張って行きたいと思います。本日はありがとうございました。

ーはい、ありがとうございました。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る