蒼天、Blackstarの猛追を振り切る

蒼天 vs  BlackStar (4-3)

2017年7月30日 赤塚公園野球場

担当:小泉昌司  撮影:菊地 尚哉



蒼天は立ち上がり、四球に捕逸で進塁、内野ゴロを絡めて無安打で先制点を挙げ、さらに二死から2本の安打で追加点を奪い、有利な立場となった。
一方、Blackstarは、3回裏失策出塁に3安打を絡めて2点を返し、試合を振り出しに戻した。
4回表追いつかれた蒼天は、四球と失策で得た好機に9番、1番の連打で1点を勝ち越し、さらに二死満塁で3番比嘉選手の内野飛球を二塁手がグローブに入れながら、痛恨の落球で4対2となった。
最終回Blackstarは3安打を集中させて4対3と追い上げたが、石井投手の踏ん張りで追撃を振り切った。

【蒼天、守備からのゲームメーク】

コントロール良く打者を追い込む石井投手は、死球ひとつを与えたのみの無四球を記録、守備陣も失策1と堅い守備をみせ試合を引締めた。

【Blackstar9安打を放ちながらあと一本が出ず】

安打数では9本対5本と大きく上回り、イニング3安打の集中攻撃も2度見ることができたが、タイトルどおりのあと1本が課題となった。



試合後インタビュー

蒼天 仲村 選手 (小泉昌司 より)

次に繋ぐつもりで打席に入って打つことができた。

蒼天 藪下 監督 (小泉昌司 より)

足を使って先制点を奪うことができた。勝ち越しは皆で取った点でした。守りからいいリズムで試合ができた。

BlackStar 金坂秀一 監督 (小泉昌司 より)

投手の頑張りに応えることができなくて残念。あと一本がでなかったのが敗因でした。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る