投打ガッチリ LG 快勝で初白星飾る

LG vs  三郷メディックス (4-0)

2017年7月9日 大宮けんぽグラウンド

担当:吉田将来  撮影:松川達也



試合が動いたのは2回表のLGの攻撃。2アウト1、2塁のチャンスで9番柿沼選手がレフトへのツーベースヒットを放ち先制。3回には村山選手に2ランホームランが飛び出し、試合を優位に進めます。守っては4投手のリレーで相手打線を無安打に抑え、4-0でG-LEAGUE初勝利を飾りました。

▶︎LG 伊藤ー上村ー澤口ー森 4投手によるノーヒットノーランリレー

LGの先発のマウンドに上がったのは、初登板の伊藤投手。威力のある直球を武器に、圧巻のピッチングを見せます。初回二者連続三振をマークすると、3回を投げ、5個の三振を奪います。要した球数もわずか30球という省エネピッチング。その後LGは継投策に入ります。上村投手・澤口投手・森投手とそれぞれ持ち味を存分に発揮。終わってみればなんとノーヒットノーランという見事なリレーでした。

▶︎三郷メディックス 関川・北嶋・野沢 初登板の3投手 次回につながるピッチング

対する三郷メディクス投手陣も、次戦へ向けて収穫のある試合となりました。初登板となった関川投手・北嶋投手・野沢投手の3投手のリレーで試合を作ります。今後の試合では、これまで投手陣を牽引してきた今野投手・尾上投手・松永投手に加え、新たに経験を積んだ3投手。どのように起用してくるのか、注目です。

▶︎打席内できっちり修正!LG 村山 右中間へ豪快ホームラン

3回、6番村山選手の打席、その2球目。力強いスイングから放たれたのは、一塁線の強烈なファールボールでした。「タイミングがもう少し遅かったら」その誤差を、見事の1打席内で修正しました。4球目、同じく力強いスイングから放たれた打球は、右中間へのツーランホームランに。見事なタイミングの修正で、G-LEAGUE初アーチを放ちました。



試合後インタビュー

LG 村山 由晃 選手 (吉田将来 より)

ー右中間へのホームランでは、何を考えて打席に入っていましたか?
「思い切り振ることだけを考えていました。」

ー感触はいかがでしたか?
「飛んでくれ!と思って走っていました。」

ー今後の抱負を一言
「ホームラン王を狙っていきたいと思います!」

LG 柿沼 圭佑 代表 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「ピッチングの方は、ノーヒットノーランで、バッティングもホームランが出たので、文句なしです。」

ー今日のもう一人のチームMVPは?
「先発の伊藤が、3回ノーヒットで抑えてくれたので、そこが大きかったと思います。」

ー今後の抱負を一言
「次回はまだ決まっていませんが、今日よりもっと打てるように頑張りたいと思います。」

三郷メディックス 今野雄太 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「今日は、相手に一方的にやられてしまったので、次回は頑張りたいと思います。」

ー今日のチームMVPは?
「先発で投げてくれた関川さんです。打たれはしましたが、要所をついて、いい投げっぷりだったと思います。」

ー今後の抱負を一言
「また次回の試合に向けて、一人一人課題を持って取り組んでいきたいと思います。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る