深澤ー柴山ー小松!春日部RED ARES 盤石の継投策で接戦を制す

LG vs  春日部RED ARES (2-3)

2017年6月18日 大宮けんぽグラウンド

担当・撮影:吉田将来



前回の試合、春日部RED ARESは打線爆発し大勝、LGはデビュー戦白星発進と、勢いに乗る若手チーム同士の対戦。
先制したのは春日部RED ARES。初回に3番田中のレフトへの柵越えツーランホームランで先制し、3回にも1点を加え、序盤に3点のリード。そのリードを深澤投手、柴山投手、小松投手の3人のリレーで守りきり、3-2で若手対決を制しました。

一方、3点を失ったLGの先発橋本投手も、その後は要所を締めるピッチングで追加点を許しません。前回は3回0封、今回は6回自責2と、安定感のあるピッチングを続けます。今後、この2チームがG-LEAGUEの上位に上がってくるのではないかと、楽しみになる好ゲームでした。

▶︎春日部RED ARES 好調 3番田中 初回先制ツーランホームラン!

強烈な一振りでした。初回、フォアボールで出た姉川選手を一塁に置き、バッターは2017年G-LEAGUE打率5割、前回の試合ではホームランと当たっている3番田中選手。2球目を思い切り振り抜くと、打球はレフトのネットを弾丸ライナーで越える先制のツーランホームランに。主軸の一振りで、序盤の試合の流れを引き寄せました。

▶︎多彩な春日部RED ARES 投手陣 計算された継投

春日部RED ARESの先発は緩いボールで相手バッターを惑わすピッチングが持ち味の深澤投手。「今日のもう一人のMVPは深澤投手」と高橋監督。持ち味を存分に発揮する好投で、4回を1失点にまとめ、先発の役割を果たします。その後のマウンドに上がった、柴山投手・小松投手は一転、球威で押すピッチング。相手バッターのタイミングを頭に入れた継投で、見事3投手のリレーで守りきました。

▶︎流れに乗ったLG打線 後半追い上げる

序盤に3点のリードを許したLGでしたが、後半戦は毎回のようにチャンスメーク。6回、先頭の橋本選手がデッドボールで塁に出ると、続く稲澤選手の痛烈な打球は左中間を破ります。これがスリーベースヒットとなり、ランナーの橋本選手は一気にホームイン。1点差に詰め寄ります。その後あと一本が出ず、惜しくもあと1点及びませんでしたが、どのバッターも積極的に振れており、今後のLG打線に注目したくなる内容でした。



試合後インタビュー

春日部RED ARES 田中智大 選手 (吉田将来 より)

ー初回柵越えの先制ツーランホームラン。あの打席では何を考えていましたか?
「ただ打つことを考えていて、初球と同じような球速が来たので、思い切って振ったところ、当たりがたまたまホームランになりました。」

ーホームランの感触はいかがでしたか?
「低めだったのですが、気持ちよく飛びました。」

ー週末の試合に向けて、何か準備していることはありますか?
「土曜日は基本的に自主練習をしています。野球が好きなので、日頃から練習しています。」

ー自主練では何をしていますか?
「基本的にキャッチボールをして、たまにバッティングセンターに行っています。」

ー最後に今後の抱負を一言!
「チームとしても、連盟で優勝を経験させていただいたので、これから優勝を目指して、タイトルを重ねていきたいと思います。」

春日部RED ARES 高橋健太 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って、打撃面はいかがでしたが?
「序盤打てなかったところで、3番の田中がしっかりホームランを打ってくれて、先制点取れたのが大きかったです。」

ー守備面では、継投策がうまくはまりましたね。
「先発は今日たまたま深澤にしたのですが、それがうまくはまったので、あとは自分たちのチームが得意なパターンをつないだという感じです。結果的に勝って良かったです。」

ーもう一人のチームMVPは?
「先発の深澤です。相手打線いいバッターが多い中で、序盤から点を取られずに来てくれたというのは、ゲームの流れを作る上で大きかったと思います。」

ー最後に今後の抱負を一言!
「試合数少ない中ですが、一つずつしっかり勝っていきたいと思います。」

LG 柿沼 圭佑 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「初回のツーランホームランが守備面では痛かったです。打撃では残塁が多かったので、次の試合では減らしていきたいなと思います。」

ー今日のチームMVPは?
「稲澤です。6回の左中間へのスリーベースタイムリーヒットが決め手です。」

ー最後に今後の抱負を一言!
「来週も試合があるので、来週はぜひ勝ちたいと思います!」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る