前野GOTTSU 先制点を守りきり、リーグ緒戦に勝利

前野GOTTSU vs  武蔵野サイドウォーカーズ (7-3)

2017年6月11日 大宮けんぽグラウンド

担当:小泉昌司  撮影:江刺家 唯



武蔵野サイドウォーカーズ・山中投手の立ち上がりに二つの四死球に盗塁を絡めた攻撃に二死から大坪選手の内野安打と、米澤、林選手の二塁打で5点をあげた。
さらに四回には9番田辺選手がレフトオーバーの本塁打で追加点をあげ、武蔵野サイドウオーカーズの反撃を3点に抑えて勝利を飾った。

◆前野GOTTSU 林投手が完投勝利に加えて、打撃でも2打点の活躍

一回表の5点リードをバックにマウンドに上がった林投手は3イニングを四球と振り逃げの走者を出すだけの、いい立ち上がりを見せた。四回二回りめとなる打線に2点本塁打を浴び、六回には四球のあと長打を浴びるなど後半は隙も見せたが、要所を締めて投げきった。

◆武蔵野サイドウォーカーズ 中盤に好機を作るが 好守に阻まれる

四回吉原選手は二塁打の走者を置いて左中間に2点本塁打、さらに六回にも二塁打を放ち、合計3打点の活躍を見せた。
また、五回には相手の2失策とダブルスチールで得た一死二三塁の好機に2番宇田川が右翼に飛球を打ち、三塁走者並木がホームを狙ったが好返球で本塁寸前でアウトとなったが、積極的な走塁で好試合を演出した。



試合後インタビュー

前野GOTTSU 田辺拓也 選手 (小泉昌司 より)

ヒーローインタビュー
Q:ホームランの感触は
A:手応えは十分でしたが、思った以上に伸びたと思います。
Q:ラストバッターでこの長打力はすごいと思いますが
A:もっといいバッターが他にもいるので、気楽に打てるのがよかった。

前野GOTTSU 米澤龍亮 監督 (小泉昌司 より)

Q:Gリーグ参加緒戦の感想は
A:緊張気味でしたが、投打それぞれの活躍があって初戦を飾れてよかった。
Q:これから、Gリーグで戦っていく意気込みを?
A:若いチームなので、勢いと元気で全勝するつもりで頑張ります。

武蔵野サイドウォーカーズ 本土雄大 監督 (小泉昌司 より)

Q:敗因について
A:投手の調子が出てない立ち上がりに、点を取られ過ぎてしまった。
Q:良い点もあったともいますが
A:慣れないポジションの選手もいたが、勝つために隙のない守備を心掛けたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る