打っては11得点 投げては完封 投打が噛み合いVADERS勝利

VADERS vs  CTC Met’s (11-0)

2017年5月14日 大宮けんぽグラウンド

担当:鏡尚樹  撮影:鈴木綾枝



1回表VADERSは敵失、安見選手と大場選手のタイムリーなどで4点を先制する。3回表、VADERSは安見選手の2本目の安打でチャンスメークすると、敵失と押し出しを誘いこの回3点を追加。5回には黒川選手のタイムリー、浦川選手のスリーランニングホームランなどで5点を追加しリードを11点に広げる。ディフェンス面では、浦川投手が曲がりの大きなスライダー(本人はカーブの認識)を駆使し凡打と三振の山を築いた。CTC Metsも、球が浮き始めた相手投手から安打を放ちチャンスを作るが得点できなかった。結果、11対0でVADERSが5回コールド勝ちを収めた。



試合後インタビュー

VADERS 浦川衛 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー
Q.完封勝利ということですが調子はいかがでしたか
A.今日はカーブがよく言い進め方が出来たと思います。
Q.カーブの握りを教えてください
A.動画内
Q.硬式出身ですか
A.高校で硬式をやっていました。
Q.あの曲がりが大きいカーブは軟式で習得しましたか
A.中学の時に投げてからですね。

VADERS 小沼則仁 監督 (鏡尚樹 より)

Q.5回コールドということで、打撃陣がつながりましたね
A.今年初試合でしたが良いスタートが切れました。
Q.相手投手は少々荒れ球でしたが、しっかりとらえることができましたね
A.意外とヒットが出て良かったです。
Q.完封に抑えた投手はいかがでしたか
A.初回は少し乱れましたが、しり上がりに調子が良くなりました。
Q.三振をすると罰金があるのは本当ですか
A.あります。前に飛べば何かあるので。チーム内でタイトルを取った人に賞金を出そうと思っています。

CTC Met’s 藤井敬大 監督 (鏡尚樹 より)

Q.初回に先制され、直後の回にヒットが出て反撃の兆しは見せていましたが
A.いい感じに流れに乗れると思いましたがだめでしたね。最後僕で終わっているので落ち込んでいます。
Q.相手投手の変化球の曲がりが大きく各バッター苦戦されていましたが、対策の指示などはありましたか
A.指示出そうと思いました。まあとりあえず元気出していこうという指示をしました。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る