4番が一振りで試合を決めた!武蔵野サイドウォーカーズ 深尾サヨナラタイムリー

三郷メディックス vs  武蔵野サイドウォーカーズ (2-3×)

2017年4月23日 大宮けんぽグラウンド

担当:吉田将来  撮影:Yas Awaji



野球日和の大宮健保グラウンドで行われた武蔵野サイドウォーカーズと三郷メディクスの一戦。1点を巡る接戦の勝負の行方は、最終回に決しました。最終回ツーアウトランナーなし。ドローかと思われた試合のドラマは、ここから動き出しました。

<「打った瞬間越えたなと思った」試合を決める一打はレフトはるか頭上へ>

2-2と同点に追いつかれた直後の最終回、武蔵野サイドウォーカーズの攻撃。ツーアウトを取られるも、2番清水選手がフォアボールと出塁でサヨナラのチャンスメーク。そこで打席に入ったのは、4番深尾選手。フルカウントからの6球目を振り抜くと、打球はレフトの頭上を越え、2塁ランナーの清水選手をサヨナラのホームへと迎え入れるタイムリーに。劇的な幕切れに、ベンチの選手たちも、「サヨナラに慣れてないな!」と照れながらも、歓喜に沸き、整列へと向かいました。

<劇的な一打を呼び込んだ力投と好守>

武蔵野サイドウォーカーズ先発中村投手は バックを信頼し、打たせて取るピッチング。同点に追いつかれ、なおも逆転のピンチを背負った最終回のマウンドも冷静でした。三郷メディックス5番尾上選手の難しいピッチャーゴロも確実にさばき、勝ち越しを許しません。6回を2失点にまとめ、最終回のサヨナラ劇へとつなぎました。

<三郷メディックス 尾上 次回につながる好投>

三郷メディックスの先発は背番号1の尾上投手。初回に守備の乱れもあり、2点を失うも、2回以降は調子を上げ、3イニングをわずか1安打に抑えます。防御率は2点台に突入し、次回以降のピッチングが楽しみになる内容でした。



試合後インタビュー

武蔵野サイドウォーカーズ 深尾大樹 選手 (吉田将来 より)

ヒーローインタビュー

ーサヨナラタイムリーお見事でした!感触はいかがでしたか?
「打った瞬間超えたなと思いました。気持ちよかったです。」

ー週末の試合に向けて、平日に準備していることはありますか?
「バッターボックスでできるだけ焦らないように、バットを振っています。できるだけ実戦をイメージして、考えて練習するようにしています。

ー今後の抱負を一言!
「今年はチーム内の競争もなかなか熾烈なので、バッティングで貢献していきたいと思います。」

武蔵野サイドウォーカーズ 深尾大樹 代行監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「チームが今シーズン初戦、なかなかメンバーが揃わない中で、うまく守備もピッチングも噛み合って良い試合になったと思います。なおかつ勝てたので良かったです。
ー今シーズンの抱負を一言!
「チームとしてできるだけ楽しくできるのが1番だと思うので、試合数こなし、その中で勝っていきたいと思っています。」

三郷メディックス 大沢良輔 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「負けてはしまったんですけれども、走塁面に関しては良い面が出たかなと思います。攻撃面に関しては課題が結構出たと思います。

ー守備面に関してはいかがですか?
「フライのエラーが多かったので修正していきたいと思います。」

ー次戦へ向けて
「この試合は負けてしまいましたが、次からはうちのチームらしく、集中して取り組んでいきたいと思います。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る