8安打13得点!UNITY JAPAN 開幕戦白星発進

泉州電業 vs  UNITY JAPAN (4-13)

2017年4月8日 大宮けんぽグラウンド

担当:吉田将来  撮影:Yas Awaji



雨に見舞われながらも、無事プレイボールの声がかかった泉州電業・UNITY JAPAN 両チームの2017年開幕戦。

初回に5点、続く2回に6点と打者一巡のビッグイニングを2度作ったUNITY JAPANが終始試合を優位に進めます。一方、泉州電業も、4回に細岡選手のタイムリースリーベースヒットで応戦するも、及ばす。UNITY JAPANがチーム開幕戦を白星で飾りました。

“試合の始まりを告げる泉州電業 藤平 先頭打者アーチ”

プレイボール直後の初球。泉州電業の1番 藤平選手が振り抜いた打球は、ライトの頭上を越えていきます。自身G-LEAGUE初ホームランとなる一発は、チームを勢い付ける先頭打者ホームランとなりました。続く、3回の打席もライト前ヒットで出塁し、盗塁でチャンスメークすると、山川選手のセンター前ヒットタイムリーでホームイン。2安打2得点の活躍で、見事1番の役割を果たしました。

“攻撃型2番高松 !!2本のスリーベースで打線を勢いづける”

UNITY JAPANのこの日のポイントゲッターは2番高松選手。先制を許した初回、ノーアウト2塁の場面で右中間を深々と破るスリーベースヒット。続く2回の打席でもライトオーバーのスリーベースを放ちます。高松選手はこの日2長打3打点の活躍。2回に8番関口選手・1番土屋選手、3回は5番萩原選手にもタイムリーが飛び出し、着実に加点しました。

“『打たせて捕る』バックを信じてUNITY JAPAN 照沼・鯨岡が力投”

追い上げを狙う泉州電業打線を、UNITY JAPAN 先発照沼投手・2番手鯨岡投手が落ち着いたピッチングで試合を作ります。それに応えるように、守備陣もこの日何度も打球をさばいたサード高松選手を中心に、堅い守りを見せました。



試合後インタビュー

UNITY JAPAN 鯨岡勇貴 選手 (吉田将来 より)

ー2番手としてナイスリリーフでした!
「今年初めての登板で、2イニング、短いイニングでしたが投げれたのがまず良かったです。フォアボールでランナー出してしまったところは、次への課題です。」

ー週末の試合に向けて、準備していることはありますか?
「平日5日間ある中で、筋トレ・ランニングなどのトレーニングなど、できる限りのことはやろうと思っています。週末の試合に向けてどれだけ自分のパフォーマンスを出せるかを常に意識しています。」

ー最後に2017年の抱負を一言!
「2017年今日から始まりましたが、もっともっと勝ち続けて、最高の2017年にしていきたいと思います。頑張るぞ〜!」

UNITY JAPAN名 萩原剛 監督 (吉田将来 より)

ー打線は8本のヒットが飛び出しました。
「今シーズン初戦ということで、メンバーが緊張するかと思っていましたが、意外にリラックスした形で打線がつながって良かったと思います。」

ー守る方では、2投手の継投で試合を作りました。
「先発の照沼に関しては調子も良く、よく抑えてくれました。

後半に出てきた鯨岡は、この後インタビューがあるかもしれませんが、引き続き頑張ってもらいたいと思います。」

ー今日が2017年初戦。チーム全体としてはいかがでしたか?
「非常に良い雰囲気で初戦に臨めたので、このまま今シーズンもG-LEAGUEさんにお世話になろうかなと思っています。」

泉州電業 櫛田亮二 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「監督の采配ですね。ピッチャーを間違えました。」

ー打撃面はいかがでしたか?
「ここぞという時に一本でなかったので、次は打てるようにチーム力を上げていきたいと思います。」

ー最後に抱負を一言お願いします!
「会社のチームなので、楽しくやりながら、勝ちにもこだわっていきたいと思います。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る