SOUTH URUMERS最終回で逆転勝利!

SOUTH URUMERS vs  アルビレックス蒲田 (4-2)

2017年3月12日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当:清水宏美  撮影:井上 卓哉



接戦だったこの試合。先制のアルビレックス蒲田が締まった守備でリードを守り抜こうとする中、粘り強く攻め続けたSOUTH URUMERSが最終回で欲しかった当たりを引き寄せた逆転勝ちとなった。ヒーローは、逆転打のライト前ヒットを打った渡邉選手。ピッチングでも勝利投手としてチームを逆転まで引っ張り、クローザー新井投手に手渡した。

アルビレックス蒲田の関根投手は今日がリーグ初のフル登板。打撃でも、一回裏の右中間への先制タイムリー・三回裏の犠牲フライで2打点の活躍。



試合後インタビュー

SOUTH URUMERS 渡邉 将平 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー見事な逆転打、おめでとうございます。
ありがとうございます。

ーどのような気持ちで打席に入りましたか?
フライを打ち上げないように、強い打球を打てるように、力まずに、ということを意識して打席に入りました。

ー狙っていた球はありましたか?
ありません。

ーライト前は狙い通りだったでしょうか?
狙ってないです。

ー強い打球を意識した結果、うまくいったということですね。それでは最後に喜びのコメントをお願いします。
とりあえず勝てたんでよかったかなぁと思います。

ーありがとうございました。

SOUTH URUMERS 竹本 将気 監督 (清水宏美 より)

ー逆転勝ちおめでとうございます。
ありがとうございます。

ー今日の勝因を教えてください。
今日はピッチャーが締まっていたのでいい試合が出ていまして、後半のチャンスで還せるところで返せたので、それが勝因だったと思います。

ー今日の逆転打を打ったヒーローの渡邉さんに一言お願いします。
今日は珍しく打ったのでおめでとうございます。ありがとうございます。

ー勝利投手の渡邉さん・クローザーの新井さん、それぞれいかがでしたか?
まだ寒い時期なんですけど、それぞれ仕上がっているので、この調子でいきたいと思います。

ーありがとうございます。お疲れ様です。
ありがとうございました。

アルビレックス蒲田 吉田佳祐 監督 (清水宏美 より)

ー非常に惜しい試合でしたが、振り返ってみていかがでしょうか?
久々に、初めてかもしれないですけど、野球らしい試合というか、ちゃんと連携もしようとして、できなかった部分もたくさんありましたけれども、G-LEAGUE入って一番試合やってる感がある試合ができたと思います。

ー守備声かけあってポジション気にしたり、カバーもうまく入ったりしていたと思うのですが、練習したりしたのでしょうか?
そうですね。今年に入ってから練習の量も増やしたりしました。なので、その賜物なのかなと思っています。

ー関根投手、最後まで投げ切りました。
そうですね!ただ、課題もたくさんあって、下半身にキてましたね後半は。

ー最後声がかかっていましたね。(足がひっかかったシーン)
あれも単純に下半身が疲れていただけなんですけど。なので、まだまだ課題がある試合だなと思って、関根にもそのようにこれからも指導していきたいと思っております!

ー惜しい試合でしたが、最後勝つためにもう一つ何を足したいですか?
そうですねーー・・・やっぱ、女の子ですかね!女の子欲しいですね(笑)。

ーお疲れ様でした。
ありがとうございました。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る