H&M大逆転劇でリーグ白星スタート!!三輪投手の力投に最終回打線が応えた!!

3067_img_7105

H&M vs  春日部RED ARES (10-9)

2016年10月30日 大宮けんぽグラウンド

担当:岡 翔子  撮影:Yas Awaji



秋も深まり冷え込む朝の大宮けんぽグラウンド。
初回、春日部RED ARESがエラーも重なり大量得点を挙げるも、G-LEAGUE初戦のマウンドを任されたH&M三輪投手は、崩れることなく苦しい中でもテンポ良く投げ切り、以降尻上がりに調子を上げると、最終回での大逆転を呼び込んだ。

■目の覚める春日部RED ARES小島選手の満塁HR!!

初回から春日部RED ARESが猛攻を見せる。相手のエラーに3番中里選手のセンター前ヒットで先制点を挙げると、5番田中選手もタイムリーを放ち追加点。その後も効果的にランナーを貯めると2アウト満塁で打席には8番小島選手。2球目、捉えた打球はセンター頭上を越え、隣の面まで!みごと満塁ホームランとなり、この回一挙6点を奪取!!
二回、三回とさらに追加点を重ね、リードを広げた。

■諦めない!!H&M圧巻の追い上げ

先制を許したH&Mだったが、二回以降は体が温まってきたのか、ダブルスチールを阻止する等エラーも減り、粘投する三輪投手を助けた。
四回には8番田中選手、9番新井選手のヒット等で5点を返し、迎えた最終回。7番斎藤選手がセンター前ヒットで出塁すると、新井選手のタイムリーで追い上げを見せ、2アウト一三塁で打順は4番長谷川選手へ。見事にダブルスチールを決め同点とした、その直後、4番の放った打球はセンターオーバーのツーベースヒットとなり、ランナー生還!!これが決勝点となり、G-LEAGUE初戦を勝利で飾った。

点を取られても、エラーを責める事も、ネガティブな発言も態度もなく投げ切ったH&M三輪投手、見事な完投でした!!
「俺のせいだーー!」と悔しがる春日部RED ARES髙橋選手、次の試合での大大大活躍、期待してます!!



試合後インタビュー

H&M 三輪尚平 選手 (岡 翔子 より)

-投球で意識した点
ピッチャー初挑戦ということで、すごい、初回、二回と初めのうちはテンパりながらとりあえずストライクをと思ったんですけど、デッドボールから貯まったところでタイムリーと、、だんだんテンパってきたんですけど、あとは仲間を信じて、追いついてくれることを信じて、力まずストライクを入れていくということを意識していきました。

-次戦に向けて
今度はもっと試合を作って、メリハリのあるプレーをしていきたいと思います

H&M 濱田嘉治 監督 (岡 翔子 より)

-試合を振り返って
立ち上がり厳しい立ち上がりだったのですが、ピッチャーが踏ん張って、打線が繋いでくれました。次戦もまた頑張ります!よろしくお願いします。

春日部RED ARES 高橋健太 監督 (岡 翔子 より)

-試合を振り返って
最初の方で大量得点を挙げてしまったので、チームとしては気の緩みが出たかなとゆう感じですね。

-次戦に向けて
いつもは点が取れないチームなので、点が取れたのは良いことだと思うので、そこをプラスに捉えて、後半の詰めの甘さをしっかりと訂正していきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る