4番村田選手のバットでヒポポタマス無傷の5連勝!!

3069_img_8024

三郷メディックス vs  ヒポポタマス (2-7)

2016年10月30日 大宮けんぽグラウンド

担当:岡 翔子  撮影:Yas Awaji



チャンスで打順が巡るのが4番の宿命。一回、二回、四回と、ランナーを抱え回ってきた打席で、見事に2安打(1四球)でランナーを返し勝負強さを見せ、シーズン得点圏打率を7割に乗せる活躍!!ヒポポタマスを5連勝に導いた!!

■走るヒポポタマス癸生川選手!!

初回、先頭打者の癸生川選手が四球で出塁すると、盗塁を重ね三塁まで進みチャンスを演出。4番村田選手のライト前タイムリーで先制のホームを踏んだ。
二回にもエラーで塁へ出ると、四球で出塁した2番坂口選手と共にダブルダブルスチールを決め、その走塁が追加点へと繋がった。

■三郷メディックスの反撃

三回に1点を返し迎えた四回表、三郷メディックスの攻撃。先頭打者の8番千葉選手がレフト前ヒットで出塁、その後も2番福田選手のセンター前ヒット等で1アウト満塁とすると、3番尾上選手がフルカウントから四球を選び追加点を挙げ、なおも満塁1打逆転のチャンス!!
・・しかしその直後ヒポポタマスのベンチが動き、交代した癸生川投手から1本が出ず!
四回にも追加点を許し、連勝を逃した。
若い!強い!!ヒポポタマス5連勝!!!この勢いがどこまで続くのか、次戦も楽しみにしてます!
結成したばかりの三郷メディックス!立ち上がりが不安定だったものの、最終回に決めたキレイな併殺は感動しました!!



試合後インタビュー

ヒポポタマス 村田滉 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-打撃好調の要因
前日に素振りしたので、そういった準備がこの結果に繋がったかなと思います。

-次戦に向けて
前回の試合も打てて、今回も好調に繋がったので、次の試合も複数安打打てるように頑張りたいと思います。

ヒポポタマス 星川佳彦 監督 (岡翔子 より)

-5連勝!強さの要因
やっぱり若さだと思います!!若さを活かした、走りだったり、うまく盗塁を絡めながら、1個1個先の塁を狙って野球をできているのが、勝ちに繋がっているのかなと思います。

-次戦に向けて
次の試合もしっかり足を絡めながら、1個1個塁を奪って、守備はもうちょっと、ゼロに抑えられるような試合ができるようにうまく試合運びできたらいいなと思います。

三郷メディックス 大沢良輔 監督 (岡翔子 より)

-試合を振り返って
今日は敗因として、フォアボールが多かったという点と、エラーも多く、なかなか試合を作れなかったことが敗因に繋がったかと思います。
良かった点は、声掛けをしていきながら徐々にうちららしく、打たせて取るような野球ができたんじゃないかなと、思っています。

-次戦に向けて
次に向けてまた課題である守備面と、バッティングの方は、繋いでいくっていう野球ができればと思っていますので、また練習していきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る