有言実行!Redsの二刀流!!

Reds vs  芝中おーたず (4-2)

2016年10月30日 大宮けんぽグラウンド

担当:岡 翔子  撮影:Yas Awaji



同点で迎えた最終回、1アウト二三塁で打席には先発投手のReds岸田選手。
「ここで打ったらヒーローですよね!!?」と気合を入れて臨んだ打席で、見事な技ありの内野安打に、相手のエラーも重なり2得点!!本人は満足のいく当たりではなかったようだが、これが決勝点となり、Redsが緊迫の好投手戦を制して1年前の雪辱を果たし、連勝を伸ばした。

■先制はReds!

初回を両投手、三者凡退で終わらせ、試合が動いたのは二回。Redsこの回先頭打者の4番佐藤選手が四球を選び出塁、続く小山内選手のセンター前ヒットでランナーを一三塁にすると、鈴木選手のタイムリーに三塁ランナー佐藤選手が好走塁を見せホームを陥れ、先制点を奪取。1番吉川選手にもライト前タイムリーが飛び出し、この回2得点を挙げた。

■芝中おーたず鈴木選手の職人安打で同点に!

先制を許した芝中おーたずだったが、その直後の攻撃。4番佐野選手が2ストライクから右中間を抜けるスリーベースヒットでチャンスを作ると、続く森田(修)選手のライト前タイムリーで、すぐに1点を返す。その後も効果的にランナーを進めると、8番鈴木選手の絶妙な内野安打の間にさらに得点を挙げ、試合を振り出しに戻した。

■最終回、Redsが強さを見せた!

三回以降、両チーム得点を許さず迎えた最終回、Redsの攻撃。6番大屋選手が相手のエラーを誘い出塁すると、Reds得意の足を使った野球でプレッシャーをかけ、1番吉川選手のレフト前ヒットで、岸田選手の決勝打に繋いだ。
その裏を四回より登板の小山内投手が無失点で抑え、Redsが5連勝を飾った。

1年前の対戦では1-0で芝中おーたずが勝利、今回も最終回まで本当に面白い試合をありがとうございました!!
チャンピオンシップで再戦が見れるのを、、楽しみにしてます!!



試合後インタビュー

Reds 岸田紘與 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-好投の要因
力んでしまって、力入れて三振ばっか狙ってたんですけど、結構守備に助けてもらったりして、フライトか多くて、みんな取ってくれてたので良かったなーと思います。

-決勝打の感想
打った瞬間、やっちゃったと思ったんですけど、なんとか回転が悪くミスもしてもらって、何とか2点入れられたので、結果的には良かったかなと思います。

-次戦に向けて
次も投げる機会も、打つ機会もあると思うので、どっちでも活躍できるように、二刀流で頑張りたいと思います!

Reds 味岡慶輔 監督 (岡翔子 より)

-約1年ぶりの再戦でした。試合を振り返って
前回は僅差で負けたので、今回も同じような試合になるかなとは思ったんですけど、やはり最後に岸田が1本打ってくれたのが1番でかかったのかなと!とても思います(笑)

-現在5連勝、次戦に向けて
ピッチャーの小山内も調子よくてずっと勝っていて、そうですね、次の試合も勝っていきたいです。

芝中おーたず 本橋穂乃香 監督 (岡翔子 より)

-約1年ぶりの再戦でした。試合を振り返って
前回は勝ったと記憶しているんですけど、今回も接戦だったので勝ちたい試合だったということで、悔しい思いでいっぱいです。

-次戦に向けて
今日は久しぶりに参加したメンバーもいたんですけど、そういった中で楽しく試合ができたのは良かったことだと思いますので、また次も変わらず楽しい試合を、それで次は2連敗しているので絶対に勝てるように頑張りたいと思います!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る