ジャンキーズBが初優勝!!延長にもつれ込む接戦制す

3066_img_1586

ジャンキーズB vs  ワイルドキャッツ (5-3)

2016年10月29日 稲城中央公園野球場

【7thシーズンチャンピオンシップ決勝】

担当:鏡尚樹  撮影:絵田 真愛



稲城中央公園野球場で行われた7thシーズンチャンピオンシップ決勝戦は大会2連覇を狙うワイルドキャッツと初優勝を狙うリーグ1位のジャンキーズBの最強決戦となった。

・1回表 0-0

ワイルドキャッツ先発は右のアンダーハンド鈴木投手、ジャンキーズBは右打者が多く並び攻略は厳しいところ。先頭打者の初球いきなり死球で出塁したが捕手からの牽制タッチアウトで先制のチャンスの芽を摘む形となった。

・2回裏 0-0

ワイルドキャッツ渋谷選手の単打、2つの四球で2死満塁チャンスを作り打者は鈴木選手。打ち取られた打球だったが敵失により1点先制。

・3回表、4回表 0-1

ジャンキーズBは3回、単打で走者を出したが盗塁死。直後死球で出塁するも後続が凡退。4回表は四球と単打で満塁にするもあと一打が出ず攻撃が噛み合わない。

・5回表 0-1

ここでワイルドキャッツが継投に入り、左の変則小林投手がマウンドに上がる。四球を選び得点圏に走者を進めるが無得点。

・6回表 0-1

ジャンキーズB先頭冨樫選手のゴロを相手のショートがエラー。次の打者は抑えられたものの永田選手が四球を選び、1死1・2塁のチャンスで打席は荒木選手。打球はサードに飛んだがサードが悪送球し2塁走者が一気に生還。続く小池選手がタイムリーを放ち逆転。この回ジャンキーズBは3点奪い逆転に成功する。

・7回裏 3-1

ついに迎えた最終回。ジャンキーズBはリードを守り切ることができれば初優勝。絶対に先頭を出したいワイルドキャッツは野口選手が四球で出塁。盗塁と進塁打で1死3塁とし、さきほどタイムリーエラーの4番渋谷選手がタイムリー2塁打を放ち1点差。1死2塁で5番の野口選手の打席で、ジャンキーズBは敬遠策をとる。しかしワイルドピッチで2・3塁となり今度は満塁策を選択する。7番松下選手がカウント2-2からタイムリーを放ち同点。なおも満塁だったが後続が凡退し延長戦に突入。

・8回表 3-3

異様な緊張感が場内を包みながら延長戦開始。ジャンキーズBの先頭永田選手が初球をたたき3塁打で絶好のチャンスを作ると、続く荒木選手のタイムリー2塁打で勝ち越し。さらに平林選手がタイムリーを放ち2点差とする。

・8回裏 5-3

7回に2点差を追いついた再来なるかというところであったが、3者凡退で試合終了。ジャンキーズBが初優勝。
■ベンチ入りメンバーが6人と戦力層の厚いワイルドキャッツは代打や継投策が可能で全員で圧力をかけることができるチーム。経験と実績、戦力層から大方の予想ではワイルドキャッツ有利な試合と思われていたが、ジャンキーズBの粘り強さとここ一番での勝負強さが勝利の要因となった。



試合後インタビュー

ジャンキーズB 荒木英夫 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー

Q.優勝おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください
A.1年間この日のために頑張ってきたのでうれしいです。

Q.延長の勝ち越しの場面でしたが、どのような気持ちで打席に入りましたか
A.前の打者に絶対出塁しろと言ったら3塁まで行ってくれたので、ここで打たなければ男ではないと思ったので振り抜きました。

Q.相手先発が右のアンダーハンドということで右打者として非常に攻略しづらいと思いましたが、序盤はいかがでしたか
A.急速、コントロールが良く慣れてきた頃に継投されたので、ここしかないと思いました。

Q.相手が継投で左投手が出てきましたが、チームの雰囲気なども変わりましたか
A.継投で来るチームであると知っていたので、この1打席しかないと思って振っていきました。

Q.大会MVPということでミズノのグラブが送られました。いかがですか
A.うれしいです。ミズノさんありがとうございます。

Q.次のシーズンに向けて一言お願いします
A.またこの舞台に帰ってこられるように頑張ります。

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (鏡尚樹 より)

Q.優勝おめでとうございます。まず、現在のお気持ちをお聞かせください
A.素直にうれしいです。

Q.本日、相手先発は右のアンダーハンドでした。左の野田選手が不在の中攻略法などありましたか
A.相手はよい投手しかいないことは知っていたので、甘い球は来ないと割り切り狙った球だけを打つことを考えました。

Q.相手が左投手になり逆転しました。流れなどをいかがでしたか
A.1点追いつくまでが勝負だと思っていて、追いついた後は自分たちらしい点の取り方でした。
Q.相手は強力打線ですが、酒井投手がしっかり抑えていました
A.今日は90点くらいの出来でした。細かく動くボールを投げるのですが相手が引っ掛けてくれてしてやったりでした。

Q.7回、敬遠後ワイルドピッチもありピンチが広がった4場面がありましたが、正解だったのでしょうか
A.2死2塁、際どいところをついて最悪四球でも良いというリードをするべきだったが、三遊間付近のグラウンドコンディションが悪く、三遊間に打たれて1・3塁にされるよりはサードでアウトにできる形を取りたかったからです。結局裏目に出てしまいました。

Q.次のシーズンに向けて一言お願いします
A.毎回優勝目指してやっていますが、チャンピオンシップに毎回出られるように頑張りたいです。

ワイルドキャッツ 山﨑大輝 監督 (鏡尚樹 より)

Q.準優勝ということですが、現在の率直な感想をお聞かせください
A.最後相手に流れを持っていかれてしまって、自分たちのテンポでプレイできなかったのが悔しいです。投手は頑張っていたが、細かいミスが目立ってしまいました。

Q.本日の継投策ですが、普段通りの作戦だったのでしょうか
A.今日投げた鈴木・小林・難波、他にもいますが皆でつないでいく形をとっています。

Q.先発の鈴木投手に相手打線タイミングがあっていませんでしたが、継投しました。
A.もともと最初から予定していたので変えました。

Q.次のシーズンに向けて一言お願いします
A.連覇を逃したということで、守備力を底上げしチーム力を高めたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る