ヒポポタマス4連勝! 決勝打は佐藤!

3058_cnn_3684

ヒポポタマス vs  東京STARS (7-2)

2016年10月23日 光が丘公園野球場

担当:富田隆  撮影:知念 駿太



暑いほどの好天のもと行われた練馬区・光が丘公園野球場での試合は、中盤まで拮抗した展開。しかし終盤にヒポポタマスが東京STARSを突き放し、リーグ加盟以降負けなしの4連勝とした。

ヒポポタマスは1-1の同点で迎えた四回表、先頭の7番斉藤選手が四球で出塁。ここでSTARSは肩痛の祐川投手に代わって廣川投手をマウンドに送った。その後1死二・三塁とすると1番佐藤選手は右中間を破る当たり、さらに中継が乱れる間に自身も生還し、3点を勝ち越した(記録は三塁打)。これがチーム初安打だった。
五回にも2番坂口選手の中前適時打などで3点を加え、リードを広げた。
先発の癸生川投手は中盤から調子を上げ、5イニング7奪三振の好投を見せた。

東京STARSは初回に相手ワイルドピッチで先制。四回には4番澤野選手がレフト奥の隣接球場に飛び込むソロ本塁打を放ち追い上げた。
最終回(五回)は中村選手・宮野選手の安打などで二死満塁、打席には澤野選手とチャンスを作った。3球目を捕手が弾いたのを見て三走が突っ込んだが、相手の処理が上手く惜しくも本塁でアウト。試合終了となった。

【DER】
ヒポポタマス:.545(6/11)
東京STARS:.692(9/13)
※ 例えばDER.700は「インプレー打球の7割をアウトにした守備陣だった」の意味



試合後インタビュー

ヒポポタマス 佐藤光 選手 (富田隆 より)

決勝のタイムリースリーベース。
「初回の先頭バッター(投飛)だったり、2打席目(三振)もチャンスを潰していたが、この3打席目もまたチャンスで回してくれた。その期待にしっかり応えることができたと思います」

ヒポポタマス 星川佳彦 監督 (富田隆 より)

― 無キズの4連勝です。
「先制点を取られてちょっと厳しいかなという流れもあったんですけど、後々うまく点を積み重ねながら、先の塁を狙った攻撃ができた。うまくまとめられたなと思います」

― 打撃について何か指示をしていましたか?
「(相手)ピッチャーがけっこう代わった。真っ直ぐをどのピッチャーも投げると思うので、そこを主体に各々がしっかり狙い球を絞るという形でやってました」

東京STARS 澤野健太郎 監督 (富田隆 より)

「最初は非常にいい接戦ができていた。ここ何試合か終盤に踏ん張りきれずに逆転を許しているので、その辺を改善していきたいなと思ってます」

― 四回、素晴らしい当たりのホームランでした。
「あそこは完全にストレートを狙ってました。ストレートのタイミングで待って、しっかり芯で捉えることができました」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る