MEVIUSMotivetionsがリベンジを果たし、B.M.Rとの勝負の行方は3戦目へ

3003_img_1492

MEVIUS Motivations vs  B.M.R (2-1)

2016年9月18日 大宮けんぽグラウンド

担当・撮影:清水宏美



一ヶ月を経ての再戦カードとなったこの試合。前回は12-2でB.M.Rが圧勝していた。

立ち上がりの相手の守備の隙をつき、先制したのはMEVIUS Motivations。しかしすかさずB.M.R初出場の加瀬沢選手がライトオーバーのソロホームランを撃ち放ち、勝負を振り出しに戻す。そこからは拮抗した展開。両者なかなか相手の得点を許さず、この試合を決めたのは次の1点となった。五回表、MEVIUS Motivationsは先頭打者から出塁、エラーでさらに次の打者も連続出塁し、二死ながらもどうしても点がほしい場面。枝野選手が「もうここで打たなきゃ」と気合でライト前ヒットを放ちもぎ取った点が、チームに勝利をもたらした。



試合後インタビュー

MEVIUS Motivations 枝野陽 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー本日は見事勝ちを決めるタイムリーおめでとうございました。五回表二死ランナー2人の場面でしたが、どのような気持ちで打席に入りましたか?
前の打席でサード前のボテボテの当たりだったので、次は右方向狙っていこうとそれがうまくいった感じですね。

ーまさにライト前狙い通りにいった感じですか?
けっこう狙い通りでしたね。うまくいってやったぁという感じです。

ー待っていた球とかはありましたか?
とりあえず外に来たらいっちゃおうと思っていました。

ーどうしても点がほしい場面だったと思います。
そうですねー。

ー集中力を発揮された感じでしょうか?
そうですね、もうここで打たなきゃとみたいなところがあったんで、気合が入りました。

ーはい。見事なタイムリーでした。最後喜びのコメントで締めてください。
また次もこんな活躍をできるようにがんばりたいと思います。ありがとうございました。

ーありがとうございました。

MEVIUS Motivations 堀内勇介 監督 (清水宏美 より)

ー本日おめでとうございました。
ありがとうございました。

ー勝因を教えてください。
勝因は、今日はピッチャーの大塚が非常にいいピッチングで、特に先頭バッターを毎回取れたことが大きかったと思います。

ー勝ち越しのタイムリーの場面、堀内監督から指示だとか出されていましたか?
僕はランナーだったので(笑)。

ーあ、そっか!失礼いたしました!
はい、特に指示とかはしてないですけど、枝野がよく打ってくれたと思います。

ー失礼いたしました。本日前回からメンバーを揃えての再戦となりましたが、相手チームさんに一言お願いします。
前回2-10で大敗していたので、今日2-1で勝つことができたので、是非また試合して3度目の決着をつけたいと思います。

ーはい、ありがとうございました。
ありがとうございました。

B.M.R 青山伸幸 監督 (清水宏美 より)

ー雨の中お疲れ様でした。本日の振り返っていかがでしょうか。
打てた打てないはしょうがないとして、守備の勝負するべき場所で勝負することができなかったことが敗因だと思います。

ー相手チームが先月の対戦からメンバーを揃えての再戦となりましたが、先方に一言お願いします。
そうですね。前回楽な試合をさせていただいたということで、いいイメージでまたいけるんじゃないかという油断があったと思いますので、また次回試合させていただいて、次は勝たせていただきたいと思います。

ー先のMEVIUS Motivationsとの試合で1球目肩を痛めてしまった吉松投手が本日投げ切り、非常にがんばって投げてらしたと思いますが、いかがだったでしょうか?
立ち上がりが課題だったんですけれどもその後修正してくれたので試合にはなったのですが、やはり立ち上がりが弱いというのはまだ直っていないので、次回までに準備をしっかりしていってほしいと思います。

ーでは今日この後続けて練習試合ということでがんばってください。お疲れ様でした。
ありがとうございます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る