リーグ初戦を白星で飾ったヒポポタマス!

2987_g-league_19987

ヒポポタマス vs  春日部RED ARES (5-2)

2016年9月11日 大宮けんぽグラウンド

担当:大垣 伸悟  撮影:佐藤 武志



[初戦というプレッシャーからか立ち上がり制球に苦しむ]

初回立ち上がりに苦しむヒポポタマス先発の癸生川投手。ランナーを全て四球で出塁させ4つ目の四球で押し出しの1点を献上してしまいます。
しかしその後は本来の調子を取り戻し2回以降は春日部RED ARES打線を抑え込みます。

[失った点は自らのバットで取り戻す打者・癸生川!]

2回表のヒポポタマスの攻撃、エラーとフォアボールでランナーを貯めてしまい、さらにタイムリーエラーでヒポポタマスに1点を返されてしまう春日部RED ARES。続く八番打者は投手として初回からマウンドに立つ癸生川選手。タイムリー2ベースを放ち、制球難で失った1点を自らのバットで取り返しました!

[ハイペースで進む試合は7回裏まで続く!]

3回以降、両チームともに拮抗した内容で非常に早いペースで試合を進めていきます。試合展開が早かったのは、打たせて取るピッチングを両チームの投手ともに意識していたことが現れていたためだと思います。

最終回にヒポポタマス側、癸生川投手と二塁手・渡邉選手との交代がありましたが、接戦ということもあり、渡邉投手が満塁のピンチを招いた時点で先発投手だった癸生川投手にまたスイッチし、試合を閉めました。

[両チームともに力は拮抗]

両チームともに力が拮抗していて見ごたえのあるいい試合でした!

戦略、選手の状態によってはまた違った試合結果になったかもしれないと、再戦をみてみたいと期待させる試合でした。

両チームの皆さん、お疲れ様でした!



試合後インタビュー

ヒポポタマス 癸生川啓人 選手 (大垣 伸悟 より)

ヒーローインタビュー

ー本日試合勝利おめでとうございます。
「ありがとうございます」

ー今日はピッチングでも打撃でもいい場面いくつかあったと思いますが、ご自身で振り返られて一番良かったシーンはどの場面でしょうか?
「初回はなかなかマウンドが合わなくてフォアボールが多くて内野手に迷惑かけちゃったんですけど、回を追うごとに自分で修正でき たので、そこは良かったなと思います」

ー逆にここはちょっとやばかったかなというようなシーンどこか思い当たれば・・
「初回ですね、ホントに。ボールが全部ストライクゾーンにいかなくて、ホントに野手に迷惑かけちゃったなぁと思います」

ーバッティングであのあたりから1本出たことによって一気に4得点につながったと思うんですけども、あのバッティング、打席で何か心がけてい た点等あれば教えてください。
「前の打者が変化球で三振取られていたので、最後は変化球が来るだろうなと思って変化球を狙って打ちました」

ーでは今後の試合に向けて何か抱負等あれば聞かせてください
「これからもチーム一丸となって頑張っていきたいと思います」

ー本日はありがとうございました
「ありがとうございました」

ヒポポタマス 星川佳彦 主将 (大垣 伸悟 より)

ー本日は勝利おめでとうございます
「ありがとうございます」

ー今日の試合振り返って、まずは良かったなと思う点あれば教えてください
「全体的に守備がしっかりしていたのかなというのが私の印象では思っていますけど、いいところで抑えられたというのが今日の勝因かと思います」

ー逆に改善点等何かあれば教えてください
「ランナーがたまったときの進め方だったりがちょっと足りないかなと。。サインプレー交えて改善点だと思います」

ー途中試合の流れが大きく変わったのが、一挙4得点取ったイニングから急に守備も打撃も勢いづいた感じがあったんですけど、いつもあんな感じの試合展開が多いのですか?
「そうですね、基本的にゴロを転がすっていうのを意識してやっているので、その分しっかり相手のミスも誘いつつランナーをためることができたのかなとは思います」

ーでは今後の試合に向けて抱負等あれば聞かせてください
「守備も含め、攻撃もバランスよくうまくチームにまわせたらいいと思います」

ー本日はありがとうございました
「ありがとうございました」

春日部RED ARES 高橋健太 監督 (大垣 伸悟 より)

ー本日は試合結果的には残念だったと思うんですけど、ただ試合内容は最後までハラハラと、見ていて目の離せない試合展開だったと思います。今振り返って何か改善点、あるいは気になった点あれば教えてください。
「打線がまず組み方として下位打線がちょっとつながらないのでそこをしっかり改善していきたいなというところと、守備では適材適所をしっかり入れたつもりだったんですけどちょっとエラーが出てしまったので、そこをしっかり改善していきたいです」

ー逆に良かった点、今日の試合の収穫等あれば教えてください
「得点場面で足が使えたことですね。盗塁がキーになって得点が出来たので良かったと思います」

ー今日は全体的には力の差はそんなに大きくはなかったと思うんですけど、本当に試合の流れで相手チームの勢いが急についてしまったあのイニングだけ止められなかったといった印象があったんですけれども、日頃の試合展開の仕方としては、あーゆう場合はどういった戦略で戦われたりするのでしょうか?
「そうですね、やっぱりフォアボールとエラーが失点の大きなポイントになってしまうので、あーゆう場面でピッチャーを落ち着かせるような動きとかが出来れば良かったかなと反省しています」

ー今日はピッチャーの方が非常にいいピッチングをされていたかと思うんですけど、ただそれがうまく相手打線とタイミング外せなかったといいますか、うまくつかまってしまったシーンがあったかと思うんですけど、あーゆう場合、ピッチャー・バッテリー中心で何か心がけていることはあるのですか?
「やっぱり内野ゴロで捕るというのが大きく課題になってくると思うので、低めのコースはしっかり意識して投げています」

ーでは次戦以降何か抱負等あれば聞かせてください
「ヒットがつながらないところが大きなポイントになってくるので、打線をしっかりつながりを意識して攻撃していきたいなと思っています」

ー本日はありがとうございました
「ありがとうございました」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る