グランドスラム2発!王者ワイルドキャッツ 4本塁打の猛打で決勝進出

ワイルドキャッツ vs  海族王 (13-2)

2016年9月4日 若葉台公園多目的広場

7thシーズンチャンピオンシップ準決勝】

担当:吉田将来  撮影:森崎 明寿



天候が心配される中、無事晴空のもと行われたチャンピオンシップ準決勝。
2度のG-LEAGUE優勝を誇るワイルドキャッツとチャンピオンシップ初出場、勢いのある海族王の一戦。
試合は初回から動き出します。前回6thシーズン決勝MVPの降幡選手のライトへのホームランでワイルドキャッツが先制。
しかし、対する海族王も1番松丸選手のレフトへのホームランで3回に同点に追いつきます。
3回終わって2-2。次の1点の行方が試合を左右する展開で、得点を挙げたのは王者ワイルドキャッツ。
4回表2アウト2,3塁のチャンスで、打席には8番ピッチャー 難波選手。カウント2-2と追い込まれるも、5球目をしぶとくセンター前へ運び、自らのバットで2点を勝ち越します。
その後ワイルドキャッツは5回に山口選手、6回に渋谷選手が満塁ホームランを放ち、一気にリードを広げます。
最後はワイルドキャッツ2番手小林投手が3番村越選手を三振に打ち取り、3度目の決勝進出を決めました。

打った瞬間! 海族王1番 松丸 レフトへの豪快ツーラン

初回に先制されるも、一振りで雰囲気を変えたのが、チームトップ2本塁打12打点の1番松丸選手。
3回の2アウト1塁の場面、フルスイングから放たれた打球はレフトの遥か後方へ一直線。試合を振り出しに戻すツーランホームランとなりました。

3回5K0封!ワイルドキャッツ小林 気迫のナイスリリーフ

ワイルドキャッツ得意の継投策が、この日も的中しました。
序盤に粘りのピッチングで試合を作った先発 難波投手から、4回から小林投手にスイッチ。
この回を3人でテンポよく抑え、攻撃への良いリズムを作ります。
気迫のこもった投球で、3回をわずか1安打。5奪三振に抑える快投を見せました。

これぞチャンピオンシップ!試合を引き締めた両チームの堅守

合わせて5本の柵越えホームランだけでなく、両チームの粘り強い守備も光っていました。
海族王は2回と3回にダブルプレーを決めます。柔らかいカバーリングと素早いスローイングを見せたショート大越選手が基点となり、序盤のピンチを脱します。
対するワイルドキャッツはこの試合ノーエラー。5回のショート野口選手の、前方のゴロを難しい姿勢から二塁封殺したプレーは、チーム全体の高い守備力を物語っていました。



試合後インタビュー

ワイルドキャッツ 難波弘哉 選手 (吉田将来 より)

ヒーローインタビュー

ー3回のセンター前への勝ち越しタイムリーの打席について
「ピッチングの方でその前に2点取られてしまっていたので、自分のバットで取り返そうと思って、打席に入りました。」

ー日々の練習で心がけていること
「このチームは皆レベルが高いので、少しでも近づけるように頑張っています」

ー決勝へ向けて一言
「出場があったら、しっかりと結果を残せるように、みんなで優勝を勝ち取れるように頑張ります。」

ワイルドキャッツ 山﨑大輝 監督 (吉田将来 より)

ー5本のホームランを放った打線について
「先制も2点目もホームランで、結果的に5本もホームランが出たということで、チームとして振れているなという印象でした。後半ではランナーを出し、盗塁を絡めて、チーム全体で相手を崩し、ランナーが貯まったところでホームランが出て、いい流れが大量得点につながったと思います。」

ー難波投手・小林投手の継投策について
「先発の難波は立ち上がりが良く、ホームランを打たれてしまいましたが、要所要所は低めを丁寧についていました。二番手の小林も真っすぐが走っていて、状態が良く、小林が抑えたことでいい流れが出来、打線にも良い影響が出ました。ピッチャーも良く頑張ってくれました。」

ー決勝に向けて一言
「今日は13点取ることができましたが、回ごとに1点1点を取りに行くというのをチームとして掲げています。次は決勝ですが、雑にならずに、丁寧に1点ずつ積み重ねて、決勝も自分たちの流れで野球ができるようにやっていきたいです。」

海族王 宍倉泰紀 監督 (吉田将来 より)

ー今日の試合を振り返って
「ここっていうときに甘い失投で点を重ねられてしまったことと、メンバーが揃っていなかったことに敗因があるかなと思います。」

ー次戦へ向けて一言
「次回は不動の一位のワイルドキャッツさんを倒せるようにしたいと思います。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る