横濱マリーンスターズ、2戦ぶり白星

横濱マリーンスターズ vs  アイペット損害保険株式会社 (10-2)

2016年9月3日 二子玉川区民運動施設(渋谷区営)

担当:清水宏美  撮影:佐藤 武志



横濱マリーンスターズは初回、相手投手の制球が定まらないうちに8番佐々木選手のタイムリーなどで一気に4点先取。優位に試合を進める。守備では嶋田投手が内野ゴロで打ち取り、追随を許さない。しかし、アイペット損害保険株式会社は最後まで追い上げの姿勢で臨む。先頭打者から出塁した最終回では、1番殿川選手のタイムリーで2点。さらに二死満塁で4番にまわし逆転の可能性を追いかけたが、最後も嶋田投手がショートゴロに抑え、横濱マリーンスターズ勝利となった。



試合後インタビュー

横濱マリーンスターズ 嶋田成一郎 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー本日投げ切ったということでお疲れさまでした。
ありがとうございました。

ー今日のご自身の出来は振り返っていかがでしたでしょうか?
出来自体はあんまりよくなくて、チームが連敗していたので止めたいなという気持ちでがんばりました。

ー粘りのピッチングでした。4回まではあまり走者もでなくよかったんじゃないかと思うのですが、意識していた点はありますか?
とりあえずいいチームで、守備がしっかりしているので、安心してあんまり何も考えずに投げていました。

ー最後に次への意気込みで締めてください。
連敗がやっと止まったので、連勝がんばりたいと思います。

横濱マリーンスターズ 井上 慎 監督 (清水宏美 より)

ー本日勝利おめでとうございます。
ありがとうございます。

ー勝因をずばり教えてください。
勝因はやっぱり初回だと思います。初回は相手ピッチャーさんが制球が定まらなかったのをうまく利用してちゃんと塁に出て、しっかり4点取れたのが、2点止まりだったらどうなるかちょっと分からなかったので。下位打線で特に8番の佐々木がしっかり合わせてセンター前に打ってくれたので、その3点目・4点目でかなりピッチャーが楽になったと思います。立ち上がりがよかったと思います。

ー連敗を抜けるためにということで意識していたことはありますか?
うちのチームは連敗はそんなに気にしないんですけど、しっかりいつも通りのメンバーで出来るのが一番ペースに乗りやすく、守備や打撃に影響するので、いつも通りのメンバーでできることがよかったです。つながりができます。

ー最後に次への意気込みで締めてください。
連勝できるようにがんばります。いつも通りのメンバーで楽しく怪我なく秋を過ごせればと思います。

ーありがとうございました。
またお願いします。

アイペット損害保険株式会社 橋本敦 監督 (清水宏美 より)

ー本日の試合、振り返っていかがでしょうか?
開幕から2連敗で今日は是が非でも勝ちたかったのですが、負けは私の責任です。選手はよくやってくれたと思います。

ーピッチャーが今日継投されましたが、それは予定通りでしたか?
そうですね。前半山田にいいとこまでがんばってもらって、後半長田につなぐというのは想定通りの継投でしたね。前半山田がもうちょっとがんばってほしかったなというのはあります。

ー長田さんの出来はいかがでしたか?
いつもの制球力ではなかったけれども、球は走っていたので、まあまあよかったんじゃないんですかね。

ー最終回、二死満塁で4番に回るという見せ場もありました。
あの辺の打線のつながりはうちのいいところです。あれがもうちょっと早い回で出ればちょっと試合の流れも変わってたかなと思うのですが。ちょっと残念でした。

ー最後に次への意気込みをお願いします。
開幕から3連敗でね、応援してくれているファンの皆さまにも申し訳ないので、次はぜひ一勝、何としてでも勝ちたいと思います。

ーファンのためにもがんばってください。ありがとうございます。
ありがとうございます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る