TATSUMI最終回でチンプイに追いつく

チンプイ vs  TATSUMI (4-4)

2016年9月3日 TATSUMI

担当:清水宏美  撮影:佐藤 武志



チンプイが、出足で制球定まらないTATSUMIから3番志村選手のライト前タイムリーなどで3点先取。TATSUMIからエース赤穂投手を引っ張りだした。

TATSUMIの攻撃は、1番土方選手の得点への意志が印象的だった。一回裏にホームスチールで1点を奪い取った土方選手は、二回では右中間抜ける三塁打で打点1。しかし、チンプイ川口投手の粘りのピッチングになかなか追いつけないTATSUMI。

4-2で迎えた最終回、チンプイを追い上げるTATSUMI。二死の場面で代打高橋選手が打席に立ち、ここぞとスリーベースで出塁。エラーとワイルドピッチで同点に追いつき、引き分けで試合を終えた。



試合後インタビュー

チンプイ 吉澤俊明 監督 (清水宏美 より)

ー本日惜しい試合となりました。振り返ってみていかがですか?
ほんとに勝てると最後まで思っていたので、やっと初勝利できるかなと思っていたんですけど、まぁそう簡単にはいかないなと、これが野球の面白いところなのかなと、そういう感じもしますね。

ー今日投手の川口さん粘っていました。
そうですねほんとに、ところどころ打たれながらも、フォアボールでランナーを出しながらも、最終的には0点で抑えるところがけっこうあったんで、まあよかったのはよかったと思います。

ー打撃の方はいかがでしょうか。
打撃はやっぱり問題点というか。僕も今日全然打ってないんですけど、ヒットを打った記憶が・・・ないですね(笑)。

ー一回にタイムリーが出てましたね。
そうですね一本3番の志村くんが打ってくれました。あとはフォアボールとかで溜まったランナーだったので、もうちょっと打撃でまわせるといいなと思います。

ー最後に、次こそ勝利に向けてということで意気込みをお願いします。
今日みたいな形でピッチャーが踏ん張ってくれれば勝てそうな感じは見えてきたので、次こそ絶対に勝ちたいと思います。

ーありがとうございました。

TATSUMI 田中崇仁 監督 (清水宏美 より)

ー最後惜しくも逆転ならずでいい試合でした。本日の試合を振り返っていかがでしょうか?
先発で佐藤ががんばってくれるかなと思ったんですけど、早めに赤穂に替えて一回を3点に抑えたのは逆に大きかったなと思います。

ー打撃の点で1番の土方選手が非常にいい働きをしていました。
彼はいつも毎試合ヒットを変わらず打ってくれるので、その点でうちは1番が一番打席多くまわるので、1番に起用しています。

ー最終回、代打高橋選手の起用に始まって非常に惜しかったですが、いい采配でした。
本当はスタメンなんですけど、子どもがいたので、代打起用としました。一撃でしとめたのでよかったです。

ー最後、試合を振り返って締めくくってください。
いろいろ毎回打線を組み替えているのですが、今日は完全にクリーンナップが失敗したなというのが目に見えてわかったので、そうなると勝ちきれないというのが分かりました。

ーそれでは次がんばってください。ありがとうございます。
ありがとうございます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る