打って良し投げて良しのマンゲッツが勝利!

2904_IMG_2111

春日部RED ARES vs  マンゲッツ (2-7)

2016年7月24日 大宮けんぽグラウンド

担当:山田あや  撮影:Yas Awaji



日差しが強くなってきた大宮けんぽでのG-LEAGUE 2試合目。
2回裏マンゲッツの攻撃、死球で5番柴田選手が出塁すると、7番服部選手のセンター前ヒット、9番宮田選手のセンターオーバーの二塁打で、この回2得点。
さらに4回表、相手の守備の乱れや四球でランナーをためると、1番青木選手が初ヒット初タイムリーを放つなどし、4点を追加。
最終回には途中交代で出場の安本監督が、ショートへの強襲ヒットで出塁し、その後ホームに還り、7得点目。出塁したランナーをきっちり返すという効率的でチームワーク抜群の攻撃で、春日部RED ARESに勝利した。

守備では、マンゲッツ先発の服部選手が6回を投げ切った。5回に連打にあい2点を失うも、変化球と速球を織り交ぜた投球に、高橋監督が「手がつけられなかった」と話したように、春日部RED ARESから8奪三振と好投した。



試合後インタビュー

マンゲッツ 青木雅弥 選手 (山田あや より)

―本日、初ヒットで初タイムリーが出ましたが、どういう気持ちで打席に入られましたか?
ちゃんと当てれば良いかなと思って、当てにいきました。(―打った時の感触は?)気持ち良かったです!(―今後もヒットを打つためにこの打席を活かせそうですか?)活かせます!(―今後の目標は?)同じようにヒットを量産できるように頑張りたいと思います!!

―ありがとうございました!

マンゲッツ 安本将 監督 (山田あや より)

―本日の試合を振り返って、チームで良かった点・悪かった点についてお話しください。
良かった点は、地元の草加の大会で2週間前に負けたんですけど、そこで意識を変えていこうとして、守備から声出して攻撃につなげていくっていうのが、今日はできてたかなと。悪いところは、まだサインプレーがしっかりできていないので、そこをもっと追求していきたいです。

―ピッチャーの服部選手が非常に良かったですが?
立ち上がりはいつも悪いんですけど(初回の守りで、2アウトから四球でランナーをため、失点する場面がありました)、徐々に調子は良くなっていました。課題は、1回から最後の方の投球ができれば良いと思います。

―今日の試合を今後にどう活かしていきますか?
チームを変えようと思っての1試合目だったので、これからこれを継続していけるように、みんなで話し合って、やっていきたいです。(―守備も非常に良かったですね)そうですね、外野がちょっとミスがあったので、そこが課題ですかね。

―ありがとうございました!お疲れさまでした!

春日部RED ARES 高橋健太 監督 (山田あや より)

―試合を振り返って良かった点・悪かった点は?
良かった点は、終盤にかけてヒットが出たっていうところだと思います。守備もところどころ良いところはあったし、声かけもできていたので、そこだけは良かったなと思います。

―相手のピッチャーが非常にいい中で、終盤追い上げましたが、何か気をつけた点はありますか?
低めが決まりだしてからは手がつけられない状態だったので、高めに甘く来た球は逃さないようにと気をつけていました。(―それが後半5回表の得点につながったということですかね?)そうですね。

―守備の方では3人の継投でしたが、監督としてどういった采配でしたか?
本当は先発の圓山が良ければ引っ張ろうと思っていたんですが、生命線が外れていたっていうところもあって、早めの継投に切り替えました。2番手の登坂はフォアボールで崩れてしまったので、打開策で自分が投げました。(―守備交代のバリエーションが豊富ですよね)そうですね、ありがとうございます。

―今後の課題は?
まずはエラーから崩れないこと。それから、流れが持っていかれた時に、自分たちが声を出して、自分たちが流れをたぐり寄せるようなプレーができると良いと思います。

―お疲れさまでした。ありがとうございました!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る