「取られたらすぐに取り返す」で、ishidenが接戦を制す!

2907_IMG_1484

鉄人ブルーデビルズ vs  ishiden (3-4)

2016年7月24日 大宮けんぽグラウンド

担当:山田あや  撮影:Yas Awaji



1回表鉄人ブルーデビルズの攻撃、2アウトから、3番小玉選手の三塁打を皮切りに、相手の守備のミスも絡んで2点を先制する。
しかしその裏、ishidenの攻撃、四球でランナーをためると、投手で3番杉浦選手が振り切った当たりはセンターの頭上を越える2点タイムリーの三塁打。取られた分を自らのバットですぐに取り返す。さらに5番根本(しょうた)選手の犠飛で逆転。
3回表、鉄人ブルーデビルズの連打で同点とされるも、またもその裏ishidenの攻撃。死球で出た2番畔柳選手がスピードを活かし三塁へ進むと、4番根本(義和)選手がセンター前へタイムリーを放つ。これが決勝点となり、ishidenが接戦を制した。

ishiden投手の杉浦選手は、緩急あるピッチングで、5つの三振を奪った。対する鉄人ブルーデビルズは、最終回にランナーを三塁まで進めるも、最後はishidenの中堅手畔柳選手の好守に阻まれ、一歩及ばなかった。どちらが勝つか分からない手に汗握る展開ではあったが、両チームとも終始良い雰囲気で野球を楽しむ姿が印象的な試合であった。



試合後インタビュー

ishiden 根本義和 選手 (山田あや より)

―決勝タイムリーを放った打席を振り返って、いかがでしたか?
楽しめればいいなと思って、今日は一日、普段のストレスを解消できればいいなと思ってバットを振りました。

―打った時は、どんな気持ちでしたか?
振れば当たるんだなと思って振りました。

―今日の試合は息子さん(5番捕手の根本しょうた選手)も活躍されましたが…
この歳で、親子でできるんならば良いんじゃないですか。(―今後も楽しみですね!)はい、よろしくお願いします!

ishiden 石川和希 監督 (山田あや より)

―本日の試合を振り返って、監督の采配については?
采配ってほどの采配はしていないのですが…バッテリーが助っ人来てくれたので、そのお陰でっていうのもあるんですけど、守備はエラー2つで少なめだったので、そういうところも良かったのかなと。あと全員が最後に出られたので、その上で勝ちを拾えたということは収穫だなと思います。

―チームがとても良い雰囲気でしたね。楽しそうにされていたのが印象的でした。
ありがとうございます。(―雰囲気づくりは心がけていますか?)基本的に同じ会社のメンバーなので、そういうところはあると思います。

―最後にMVPの根本さんに一言お願いします。
最年長なんですけど、良く打って走ってもらって、守備もしっかりやってもらったので、とても良かったと思います。

―ありがとうございました!!

鉄人ブルーデビルズ 木内南史 監督 (山田あや より)

―本日の試合を振り返って、チームで良かった点・悪かった点についてお話しください。
接戦でナイスゲームでした。先発の土田も踏ん張って、要所要所は抑えていたので。初回のセンターに飛んだ当たり(1回裏ishidenの攻撃、3番杉浦選手のセンターオーバーの当たり)、初回の方はみんな堅くなっていて、守備の乱れが出たのでそこだけですかね。

―非常に惜しい試合で、良い試合でしたが、今後に何か活かせる点はありますか?
ベストメンバーで臨んではきたので、試合自体は締まりました。打線が湿りがちなので、もう一度基礎練習から、全員で取り組んでいきたいと思います。

―先ほど個人的な反省点が…という話がありましたが、何かありますか?(インタビュー前に周りの選手から、選手としても活躍する木内監督の今日の試合の反省点について突っ込まれる場面がありました。)
ありません!!!

―今後もよろしくお願いします!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る