接戦を制し横濱マリーンスターズが逆転勝利!

2889_IMG_0496

横濱マリーンスターズ vs  東京STARS (3-2)

2016年7月18日 二子玉川区民運動施設(渋谷区営)

担当:岡翔子  撮影:森崎明寿



うだるように暑い海の日の多摩川河川敷で、天気とリンクした熱い”スターズ”対決!
横濱マリーンスターズ1点ビハインドで迎えた五回表、1アウトランナー一二塁の場面で、打席には4番笹尾選手。パスボールでランナー二三塁となり、フルカウントからの6球目。とらえた球はレフト方向へ放たれ、ランナー2人が生還、みごと逆転に成功すると、これが決勝点となった。

■先制は東京STARS!

初回から横濱マリーンスターズは立て続けに鋭い当たりを放つも、東京STARSの好守に阻まれ得点を挙げることができない。
するとその裏、東京STARS廣川選手がフォアボールを選び出塁。続く4番澤野選手のセンター前タイムリーで先制点を挙げた。

■井上選手が投打で魅せる!

二回を両投手共、打者3人で終わらせ、三回表。
東京STARSは1アウト満塁の苦しい場面を迎えるも、井上投手が続く打者から三振を奪いピンチを無失点で切り抜ける。
その裏、好投の井上投手が自身でライト線を抜けるスリーベースヒットを俊足で決めると、続く宮野選手の犠牲フライで追加点を挙げた。

■逆転を呼ぶ嶋田投手の力投!

四回表、先頭打者の横濱マリーンスターズ笹尾選手が、初球をレフト前に運び二塁を陥れると、8番ニール選手のタイムリーヒットで1点を返す。
その裏を、ランナーを背負いながらも無失点で切り抜けると、五回には笹尾選手の2点タイムリーで逆転!
投げては、初回から緩急あるピッチングで相手打線を翻弄した嶋田投手が、最終回をわずか6球で終わらせ完投。
横濱マリーンスターズが接戦をものにした。



試合後インタビュー

横濱マリーンスターズ 笹尾翼 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-好調の要因
特に好調ではないんですけど、つなぐ意識のバッティングを心掛けています。

-次戦に向けて
連勝中なので、これを切らさないように頑張っていきます。

横濱マリーンスターズ 井上 慎 監督 (岡翔子 より)

-試合を振り返って
初回に点を奪われて、その後、でもうちの先発の嶋田が粘り強くちゃんとやって試合を作ってくれて、それに守備も応えようと頑張って終盤まで良い試合ができたと思います。

-東京STARSへ一言
相手ピッチャーの方もランナーが出てから要所要所良いピッチングをされて、なかなかうちのクリーンナップも打てなかったので、最後笹尾が決めてくれたんですけど、それ以外は接戦でできたので、是非また東京STARSさんとはやりたいので、お願いします!!

-次戦に向けて
また暑い夏に熱い試合をやりたいと思います!

東京STARS 澤野健太郎 監督 (岡翔子 より)

-試合を振り返って
途中までリードしてたんですけど、ここ一番で少しミスが出て、もうちょっとうまくかこめれば勝てたかなと言うことで、ちょっともったいなかったかなと思ってます。

-横濱マリーンスターズに一言
非常に良い試合ができたので、また是非機会があれば試合したいと思っています!!

-次戦に向けて
今1勝2敗で、なんとかリーグ戦2勝目できるように頑張っていきたいです!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る